2018年06月20日

新城侑樹の大反省会〜第176回 俺たちのこの空の花 長岡花火物語

チャンマツニューシネマパラダイスでヤカラ化案件と「デートで映画」の是非を問う話題で始まる今回!

電影少女は永遠の恋愛バイブルです。

件のカップルも、デートで映画を選ばなければ鬼アフロのイキリおじさんにゼロ距離で詰め寄られる事もなかったのに…。


さて今回は!


チャンマツプレゼンツ・大林宣彦監督の『この空の花 長岡花火物語』でございます。

恥ずかしながら新城、今回の収録までこの作品の存在を知りませんでした。


何を狙って作られたんだ…?

そんな疑問が拭い去れないセミドキュメンタリー映像ですがだんだんと紙芝居の老婆・富司純子と学校の屋上で高速回転する謎の一輪車少女・花の関係性が明らかになってきます。

ラストは高倉健主演の不朽の名作『鉄道員(ぽっぽや)と同じ文脈でクソ泣けます。


そんな裏では山下清役のたまのドラム(実はパーカッショニスト)・石川浩司さんの曲と映像に合わせたスーパーテクニックも惜しげもなく披露されています。


爆涙。

そんな感じです。
ただの博物館ムービーかと思っていたら。



でも一番驚いたのは、


すごい仏頂面した一輪車の少女がRAB青森放送のアナウンサーになっていた事です。
http://www.rab.co.jp/announcer/inomata


てっきりもうとっくに業界から姿を消してると思ったら!

しかも一輪車世界大会優勝って!
だからあんな四六時中乗り続けてたのかよ!!


色々な突っ込みは避けられないと思いますが、それもまた大林監督映画の味。

この流れで次々回に大林監督の『さびしんぼう』を取り上げますのでお楽しみに(収録済み)。


以上です。

ありがとうございました。





今回のハイライト



新「ラストシーン。じゃあチャプター飛ばしてもらって」

チャ「チャプター無いです」

新「なんでチャプターが無いんですか!160分の映画になんでチャプターが無いんですかっ!!」


告知!


まずは毎度おなじみ東京ミルクホールの月一トークイベントのお知らせ!

「世界痛快伝説!!ミルクぶれいく」第14夜 7/13(金)19:30開演(先走りトーク19:15〜)於:池ノ上BARガリガリ
1500円 ワンドリンク別
チケットご予約はこちら⇒https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_mb2018



続きまして新城の舞台客演情報です!

カカフカカ企画番外公演
『THE BIG ESCAPE -大脱獄-』
企画/高野憲太朗
脚本・総監督/高山銀平
演出/kkfpro
‪2018.6.27(Wed)-7.1(Sun)‬
@池袋シアターKASSAI

カカフカカ企画がお送りする、
全力のナンセンスコメディ!!!
http://stage.corich.jp/stage_main/74768

6/27(水)19:30★
28(木)19:30◎
29(金)14:00◎/19:30★
30(土)14:00◎/19:30★
7/1(日)12:30★/16:30◎
◎/★=一部ダブルキャスト

料金 前売り2500円〜3600円
【前売】(お一人様料金)
シングル 3600円
ペア 3000円
3or4名様 2700円
5名様以上 2500円
学生(要学生証)2500円
※当日券はお一人様につき各料金+300円

ご予約はこちらから(新城扱い)
https://www.quartet-online.net/ticket/bigescape?m=0iffcbb

【シングルキャスト】
岡部裕樹
佐藤匡(劇団花鳥風月/朗読楽団おとぎ日和)
白井肉丸
須藤大輔
高野憲太朗(Vi-vo)
寺尾みなみ
トキ
中田暁良(たすいち)
橋本克己
橋本直也
林太久磨(CROSS CALL)
平野彰子(THE TRICKTOPS)
梁稀純(どろんこのキキ) 

【ダブルキャスト】
◎バージョン
小太刀賢(たすいち)
新城侑樹(劇団東京ミルクホール)
松浦姫(朗読楽団おとぎ日和)
目崎剛(たすいち) 

☆バージョン
鈴木香織
半澤敦史(マウスプロモーション) 
松本勇人
若月渉


大脱獄なのでプリズンブレイクかと思いきや実際はショーシャンクの空にのような感動作です。マジっす。
そんな小学生レベルの下ネタが大好きなおじさんたちが真面目に全力で悪ふざけしております。
よろしくどうぞ。

今回ダブルキャストとなっていまして、新城は◎チームの方に出演します。
ということは木夜、金昼、土昼、日夕ですね。
なんとか予定をつけて観に来てください!(約束だゾ!!)



あと、4月より福島県にて放映されている総合葬祭会社の「たまのや」さんのCMに新城が出演しております。
下記サイトから動画がご覧になれますので、役者新城のお仕事をチラ見してってください。
http://tamanoya.cocolonet.jp/cm/


東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
https://mobile.twitter.com/tokyomilk_bs

どこより早い次回予告、収録時の裏話、皆様からお寄せ頂いた番組のご感想、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!

さらに東京ミルク放送局公式LINE@はじめました!
友だち追加

ここでしか見れない情報と中の人などいないスーパーアルゴリズム画像返信botとの愉快な会話が楽しめる公式LINEです!

今のところ「チャンマツ世界征服への道」を週一配信してますが今後ファンの皆様宛のプレミアムな情報をお届けするかも!よろしくです!!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@tf-tms.jp



次回は!

サッカーW杯日本代表応援特別企画「俺たちの本田圭佑」をお送りしております!!

よろしくお願いします!!


今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=
posted by チャンマツ at 05:02| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

新城侑樹の大反省会〜第175回 俺たちのトップガン

お久しぶりです。

チャンマツ『29歳までの地図』出演の件と新城の『タクシー運転手 約束は海を越えて』感想で始まる今回!

今さらですけど言っておきます。
ネタバレすいません。


さて。

今回はトム・クルーズ主演の王道スカイアクション『トップガン』をフィーチャーしました。

いつも長くなりすぎるから今回は適当にまとめるゾ☆


トムの同時期の代表作として『カクテル』と『ハスラー2』を挙げてますが、カクテルはもうちょい後の1988年でした。
ハスラー2は同時期の'86年ですね。

そもそもなぜトム映画を見る事にしたかというと、4月の冷蔵庫マンさんライブにハスラー新城として呼ばれた際に、ビリヤード漫談のネタ作りの為にハスラー2を借りたからです。

(といっても初披露の時、当番組第48回ロッキー回を収録した東京ミルクホール万博'16の時点でハスラー2ネタはあったので正確には思い出しと精度上げのため)

ハスラー2も準主役の若き天才ビリヤードプレイヤーとして、名優ポール・ニューマンに負けない存在感を発揮しているので是非見てほしいですね。

ホァッ!ホァッホァッ!ホァァー!!(見た人だけニッコリするネタ)


で、トップガン。


僕が中2の時にマクロス15周年で再放送がありまして、その流れで初めて見た気がします。

もともと新谷かおる先生の『エリア88』も好きで、ミッキーが乗ってるF-14トムキャットの動いてるとこが見たくて。


いやあ、カッコ良かったねえ。
トムの向こう見ずな主人公っぷりも最高。

好きか嫌いかでいうと大好きです。


親友がいて、恋人がいて、ライバルがいて、イケイケなんだけど、時々苦悩。

という王道以外の何物でもないアメリカン青春グラフィティ。

学園ドラマでもそのまま成立する図式なんだよなこれ。

そこに戦闘機。
ミリタリー描写。
ドッグファイト。

最後はなんだかんだで大勝利。

これで面白くない訳ないと思うんですけど。


今になってよく見たらミサイル発射シーンの映像が2種類しかなくて全部どっちかの使い回しだったり、ミサイルの回避行動は取ってなくてチャンマツ氏の言う通り「板野サーカス教えてやれよ」だったりするのですがパッと見でそうと分からない繋ぎ方の妙はさすが。

まあ、トップガンより制作費高いくせにミサイル発射シーンが入れられなかった『アイアンイーグル』との差はこの時点で明白ですが。

あとはヒロインを務めたケリー・マクギリスが実はレズビアンで女性と結婚していたり。

あんなにエロいラブシーンをやってた人がまさか…と思ったものですが改めて見るとそこまででもなかったですね。(ちなみに現在は離婚しているそうです)


ラストのグースの形見のドッグタグを大海原に投げ捨てるシーンは当時も今も目頭が熱くなったものですがチャンマツ氏に指摘されて初めて「あれはメグ・ライアン(嫁)に返すべき」と気付きました。

た、確かにーーー!!


そんな感じでした。


ちなみに和製トップガン、『BEST GUY』の織田裕二×財前直見コンビといえばフジテレビの傑作ドラマ『お金がない!』でしたね。

なんで出てこなかったんだろう。
本放送も再放送も見てたのに。

ちなみにこの時新城が口ずさんだ鼻歌は「恋はあせらず」のテーマ曲『Shake it UP』でした。
共演に香取慎吾、ヒロインは鈴木杏樹。
「喜屋武、アギラです。」
こっちはほとんど覚えてないのになんでだ!

という訳でトップガンとベストガイ、2本続けてお楽しみ頂ければ幸いです。



なんでだよ。



今回も適当にまとまったかな?

結局長くなりやがった!!



以上です。





今回のハイライト


チャ「ジェリー・ブラッカイマー製作で入ってんだ?俺たちのジェリー」

新「俺たちのジェリー(笑)」

チャ「金・女・酒!でジェリーの右に出る者はいない」




告知!


まずは毎度おなじみ東京ミルクホールの月一トークイベントのお知らせ!

「世界痛快伝説!!ミルクぶれいく」第14夜 7/13(金)19:30開演(先走りトーク19:15〜)於:池ノ上BARガリガリ
1500円 ワンドリンク別
チケットご予約はこちら⇒https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_mb2018



続きまして新城の舞台客演情報です!

カカフカカ企画番外公演
『THE BIG ESCAPE -大脱獄-』
企画/高野憲太朗
脚本・総監督/高山銀平
演出/kkfpro
‪2018.6.27(Wed)-7.1(Sun)‬
@池袋シアターKASSAI

カカフカカ企画がお送りする、
全力のナンセンスコメディ!!!
http://stage.corich.jp/stage_main/74768

6/27(水)19:30★
28(木)19:30◎
29(金)14:00◎/19:30★
30(土)14:00◎/19:30★
7/1(日)12:30★/16:30◎
◎/★=一部ダブルキャスト

料金 前売り2500円〜3600円
【前売】(お一人様料金)
シングル 3600円
ペア 3000円
3or4名様 2700円
5名様以上 2500円
学生(要学生証)2500円
※当日券はお一人様につき各料金+300円

ご予約はこちらから(新城扱い)
https://www.quartet-online.net/ticket/bigescape?m=0iffcbb

【シングルキャスト】
岡部裕樹
佐藤匡(劇団花鳥風月/朗読楽団おとぎ日和)
白井肉丸
須藤大輔
高野憲太朗(Vi-vo)
寺尾みなみ
トキ
中田暁良(たすいち)
橋本克己
橋本直也
林太久磨(CROSS CALL)
平野彰子(THE TRICKTOPS)
梁稀純(どろんこのキキ) 

【ダブルキャスト】
◎バージョン
小太刀賢(たすいち)
新城侑樹(劇団東京ミルクホール)
松浦姫(朗読楽団おとぎ日和)
目崎剛(たすいち) 

☆バージョン
鈴木香織
半澤敦史(マウスプロモーション) 
松本勇人
若月渉


大脱獄なのでプリズンブレイクかと思いきやマッドマックス怒りのデスロードのようであったりムカデ人間3のようでもあったりします。
小学生レベルの下ネタが大好きなおじさんたちが真面目に全力で悪ふざけしております。
よろしくどうぞ。

今回ダブルキャストとなっていまして、新城は◎チームの方に出演します。
ということは木夜、金昼、土昼、日夕ですね。
なんとか予定をつけて観に来てください!(約束だゾ!!)



あと、4月より福島県にて放映されている総合葬祭会社の「たまのや」さんのCMに新城が出演しております。
下記サイトから動画がご覧になれますので、役者新城のお仕事をチラ見してってください。
http://tamanoya.cocolonet.jp/cm/


東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
https://mobile.twitter.com/tokyomilk_bs

どこより早い次回予告、収録時の裏話、皆様からお寄せ頂いた番組のご感想、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!

さらに東京ミルク放送局公式LINE@はじめました!
友だち追加

ここでしか見れない情報と中の人などいないスーパーアルゴリズム画像返信botとの愉快な会話が楽しめる公式LINEです!

今のところ「チャンマツ世界征服への道」を週一配信してますが今後ファンの皆様宛のプレミアムな情報をお届けするかも!よろしくです!!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@tf-tms.jp



次回は!

大林宣彦監督の歴史的名作「この空の花 長岡花火物語』を特集します。

よろしくお願いします!!


今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 02:27| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

新城侑樹の大反省会〜第172回 帰ってきた俺たちのマンソム平井先生!

シチューライスとカレーラーメン残り汁ぶっ込みごはんうますぎ問題から始まる今回!

給食の焼きそばをくり抜いたコッペパンに詰めて焼きそばパンを作っていたのと原理的には同じです。言ってみればリトルグルメ。それが世間的にも浸透してきたようで嬉しいような寂しいような不思議な気持ちです。OH!MYコ〜ンブ!!


さて今回は!


95回ぶりにご登場のマンガソムリエ平井拓郎さんをゲストに迎え、昨今世間を騒がす漫画むr…漫画沼問題を論じた前半と、うって変わってライトにオススメ漫画を語って頂いた後半の二部構成です!


漫画沼に関しては運営側はもちろん利用者側にも倫理観を問われる問題なので、扱うこと自体にかなりリスクのあるテーマだと思われました。

曲がりなりにも漫画をテーマに選択することもあるポッドキャスト番組を運営している立場で、一歩間違えば在り方を問われるばかりか炎上案件になりかねないのではないか、と。


だがしかし。


かねてよりこの問題をどう見るかを話し合いたがっていたチャンマツ氏とアマチュア漫画評論界の権威・マンソム平井先生とが久々にマッチアップするというこの機会にまあやってみっか程度でやってみました。

まあやってみっか程度でやってみました。
(大事なことなので2回言いました)


以下、すべて新城の私見です。

誤解を恐れずに言うと。

私新城は漫画沼を利用したことがあります。
言い訳っぽくなりますが、電子書籍も苦手ですし、紙媒体の方が読み応えがあるので頻度は多くありませんが。でも確かに利用の事実はあります。


そもそも「漫画を読む」という行為をする場合、読者としてはこれだけの選択肢が考えられます。

A) 書店・コンビニ等で購入する
B) Web/携帯サイト(公式)で読む
C) 新古書店(ブックオフなど)で購入する
D) レンタル店(TSUTAYAなど)で借りて読む
E) 漫画喫茶で読む
F) 人から借りて読む
G) コンビニで立ち読みする

他にもあるかもしれませんがまあざっくりこんなところでしょう。

この中で出版社および作者の利益になるのはAおよび一部のBだけなんじゃないでしょうか。

それぞれの比率はさておき、これだけ選択肢があって書籍としての売り上げ→印税という正当な(?)産業形態を成しているのが一部でしかないという事実は押さえておきたい。


で、C〜E。
本来の販売形態ではないけれど、利用者に費用負担が伴う以上、後ろめたさを感じることはほぼないと思うんです。
サービスとして提供されていて、それに対する対価を払っていればそれが出版側の利益になるか否かは関係ない、もしくは考えた事もないという人が多いのではないかと。

(もちろん好きな作品は買う、という人やこれらを利用しない層もいる前提の話ですが)

Fは人間関係に依存するけど、借りたものを読むということに関して罪悪感はないでしょう。

Gは人によっては罪悪感を感じる事はあれど、その店で何か買い物をすればいいか、という罪の意識の消去が可能。
コンビニ側も立ち読みを黙認する事で集客と少なからずの販売を見込める為か、明らかな禁止をしていない事が多いし人によってはまったく罪悪感を持たない事もありますね。


そこに出てきた漫画沼。

まず何故これほどまでに広まったかを考える上で、漫画沼の利点を気づいた分だけ。

@とにかく無料。
A見やすいインターフェース。
B圧倒的な収録タイトル数。


タダ、というのは単純にでかい。

上で言うA〜Eの産業が全て吹き飛ぶ威力があります。

そもそもの正規ルートの一つでもあるBの価値も、Aによって塗り替えられる可能性がある。
漫画沼は縦読み横読み自在な上に動作も軽いものでした。

さらに。

Bの読めるタイトル数の多さという観点でいうと、Aは選択肢に限りがありますね。
旧作は注文という手もあるけど絶版の場合もあるし。

Bもサービスごとに出版社に縛りがあったり課金が必要だったり、無料でも1日に読める本数に限りがあったり。

C〜Eは品揃えのいい店を見つければまあ。でも欲しいものが見つからない事は多々あるでしょう。

Fの可能性は無限とはいえ欲しいタイトルを持っている友人がいなければ仕方ない。

Gはまあ、ほぼ雑誌限定ですよね。それもだいたい1週間以内には消えちゃうし。

そこへいくと沼は古今東西ジャンルを問わず、日本漫画史上の殆どの作品が収められているのではないかと思えるほどの圧倒的なラインナップでした。

@〜Bを兼ね備えているとなると、「利用せん方がおかしい!」という人が続出してもおかしくないかもしれません。


(誤解を恐れず書き散らしております)


そこで見直したい漫画沼のデメリット!

@とにかく違法。
Aなんか知らんけど電池の減りが異常に早くなる。
B出版社や作者ではないどこかの誰かの懐に銭が入る。



日本には著作権というものがあります。

漫画に限らず全ての創作物は知的財産として保護されており、第三者が勝手にそれを侵して利益を得る事は法律で禁止されております。
こんな事は今更言うことでもなく当たり前のことですが。

【沼は権利者が存在している著作物を不当にアップロードしている違法サイトです。】

大事なことなので括弧で強調しておきました。

そのデータをアップしている奴は当然犯罪者な訳ですが、ではそれを閲覧している我々は?


ここが判断の分かれるところだと思うんです。


新城は法律の専門家ではないのでどこまでいっても憶測の域を出ないのはご容赦頂きたいところなのですが、例えば。

「上げている奴らも違法なら見ている奴も違法だ!」

という人がいるとします。

それは一つ真実なのかもしれません。そういう人はこの沼というサイトを見ないでしょうし、そういう人ばかりであればこの件がこれほど問題化することもなかったでしょう。

しかし実際は多くの人が利用してしまった訳で、それ故にこれだけ出版業界を巻き込んだ事件になっている訳で。


では、同じ論法で

「立ち読みは万引きと同じだ!」

という意見は是が非か。

別に論点をすり替えるつもりも立ち読みを肯定するつもりもありませんが、同じ事を言っているはずなのに随分印象が違うと思います。



何を言いたいかというと。


さっき罪悪感の話を出しましたが、
「○○だから漫画沼は利用してはいけない」という理由付けは、つまるところ【当事者の倫理観に委ねられているのみ】というのが大きな問題なのではないかと思うんです。


いくらちばてつや先生が

「海賊版サイトが横行すると、いくら人気のある、読まれている作品でも本が売れない→人気がないと判断されて続けられなくなってしまう。そうすると面白い漫画はどんどん少なくなり、努力してもヒット作を生み出せない漫画界はどんどん過酷な環境になり、漫画家を目指す若者は少なくなり、業界は確実に衰退する」

と主張しても、いや理屈は分かるけど、でも沼を利用しない理由にはならんよ。俺の知ったこっちゃないもん。という人は確実に存在してしまう訳で。


だったら。


同じようなサービスを出版業界全体で組むという大事業には乗り出せないものか、と、勝手ながら思ってしまう訳です。



とにかく出版業界は制約が多い。


なので容易ではない事は重々承知なのですが、今回の一件で世間的な需要は確実にあるという事は明らかになったと思います。

じゃあ、同じようなサービスを法的問題をクリアして提供できて、尚且つ出版社や作家の利益も保障されるような仕組みにはできないもんかと。


例えばAmazonプライムビデオ。


無料ではないけれど、提供タイトル数からすると安すぎると思えるほどの豊富なラインナップの映像作品が安定供給されています。

もし沼と同等のサービスが受けられるなら多少の出費はまったく痛くない、という層はかなり居るはずです。


にも関わらず、その法整備や仕組み作りを放棄して政府介入のブロッキングという処置で蓋をしてしまったのは、これから先にあったかも知れない新しい漫画業界の在り方への道を閉ざしてしまう事になったのではないかと、こういう危惧をしております。


以前「俺たちのジャンプ+」の回でも話したように、紙媒体からの脱出というものが近い将来あったとしたら。
漫画沼はその不完全なモデルケースであったのではないかな、という風に私は見ております。


なので、配信内では言葉足らずだったかも知れませんが、新城個人の意見としては以上の通りです。

ただ、【漫画沼がやってる事は違法であり犯罪行為です】これだけははっきり主張しておきたいところです。


誤解を恐れず書きましたが、本当に人それぞれの受け取り方があると思いますしどれもその人にとっては真実です。


どうかお互いの意見を尊重して、くれぐれもカミソリや爆発物は送らないでいただきたいと切に願うばかりです。


さてさて。


後半でマンソムがおススメしてくださってるタイトルは以下の通りです。

ドラゴン桜2
はじめの一歩
創世のタイガ
不滅のあなたへ
ミナミの帝王
彼方のアストラ
フードファイタータベル


『創世のタイガ』は新城もイチ押しです。

以上です。



前半で体力使い切っちゃったな!


以上です。





今回のハイライト


マンソム「もう萬田はんはほんとなんでも詳しくてビットコインとかも超詳しいんで、仮想通貨すごい強いんですよ」

新「仮想通貨に超強い。両さんみたいな(笑)」

マンソム「こち亀の後釜は『ミナミの帝王』!」




告知!



まずは毎度おなじみ東京ミルクホールの月一トークイベントのお知らせ!

「世界痛快伝説!!ミルクぶれいく」第12夜 5/26(土)19:30開演(先走りトーク19:15〜)於:池ノ上BARガリガリ
1500円 ワンドリンク別
チケットご予約はこちら⇒https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_mb2018

今回は土曜日ですので、いつも平日の夜は忙しくて…という方も是非是非お越しください!
一見さんにも優しいのが東京ミルクホールです!!



続きまして新城の舞台客演情報です!

カカフカカ企画番外公演
『THE BIG ESCAPE -大脱獄-』
企画/高野憲太朗
脚本・総監督/高山銀平
演出/kkfpro
‪2018.6.27(Wed)-7.1(Sun)‬
@池袋シアターKASSAI

カカフカカ企画がお送りする、
全力のナンセンスコメディ!!!
http://stage.corich.jp/stage_main/74768

6/27(水)19:30★
28(木)19:30◎
29(金)14:00◎/19:30★
30(土)14:00◎/19:30★
7/1(日)12:30★/16:30◎
◎/★=一部ダブルキャスト

料金 前売り2500円〜3600円
【前売】(お一人様料金)
シングル 3600円
ペア 3000円
3or4名様 2700円
5名様以上 2500円
学生(要学生証)2500円
※当日券はお一人様につき各料金+300円

ご予約はこちらから(新城扱い)
https://www.quartet-online.net/ticket/bigescape?m=0iffcbb

【シングルキャスト】
岡部裕樹
佐藤匡(劇団花鳥風月/朗読楽団おとぎ日和)
白井肉丸
須藤大輔
高野憲太朗(Vi-vo)
寺尾みなみ
トキ
中田暁良(たすいち)
橋本克己
橋本直也
林太久磨(CROSS CALL)
平野彰子(THE TRICKTOPS)
梁稀純(どろんこのキキ) 

【ダブルキャスト】
◎バージョン
小太刀賢(たすいち)
新城侑樹(劇団東京ミルクホール)
松浦姫(朗読楽団おとぎ日和)
目崎剛(たすいち) 

☆バージョン
鈴木香織
半澤敦史(マウスプロモーション) 
松本勇人
若月渉


今回ダブルキャストとなっていまして、新城は◎チームの方に出演します。
ということは木夜、金昼、土昼、日夕ですね。
なんとか予定をつけて観に来てください!(約束だゾ!!)



あと、4月より福島県にて放映されている総合葬祭会社の「たまのや」さんのCMに新城が出演しております。
下記サイトから動画がご覧になれますので、役者新城のお仕事をチラ見してってください。
http://tamanoya.cocolonet.jp/cm/


東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
https://mobile.twitter.com/tokyomilk_bs

どこより早い次回予告、収録時の裏話、皆様からお寄せ頂いた番組のご感想、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!

さらに東京ミルク放送局公式LINE@はじめました!
友だち追加

ここでしか見れない情報と中の人などいないスーパーアルゴリズム画像返信botとの愉快な会話が楽しめる公式LINEです!

今のところ「チャンマツ世界征服への道」を週一配信してますが今後ファンの皆様宛のプレミアムな情報をお届けするかも!よろしくです!!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@tf-tms.jp



次回は!

久々登場!冷蔵庫マンさんをゲストに迎えて新作映画をたくさんご紹介いただく「俺たちの冷蔵庫マンさん2018年5月」をお送りしています!!

よろしくお願いします!!


今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 23:51| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

新城侑樹の大反省会〜第171回 俺たちのサンダーストーム 雷鋼の鎧

チャンマツのレディプレイヤー1評と新城の歌舞伎町VR体験の話題で始まる今回!

でっけぇゴーグル着けたいい大人たちが集団で幻覚を見させられてる様は冷静に考えてなかなかの狂気を感じる光景ですので一度体験される事をオススメします。


さて今回は!


Z級映画界の革命児、『サンダーストーム 雷鋼の鎧』を特集しました。



…………。



うん、語ることは特にありません。

フラッシュゴードンの時はDCコミックのフラッシュと間違えたというネタもできましたが名前も姿もまったく違うので『マイティ・ソー』と間違えるわけもなく。

(1回間違えた体でやろうとしてますが途中でめんどくさくなったのかあっさり断念)


この手のクソヒーロー映画にしてはそこそこカッコいいと言えなくもなくもないサンダーストームのビジュアルとジャケ写に少しワクワクするのがこの映画のピークです。

ディスクをプレイヤーにセットした時点でもうこの映画の見所は終わっている。


内容に関しては配信中にお話しした通りです。
それ以上でもそれ以下でもありません。


同じ電撃を操るヒーローなら1兆ワット(!)の電撃を放つ中國超人インフラマンの方が凄いですしアクションも本気の香港アクションでこれとは比べ物にならないので、もし何かの気の迷いで本作を観たいと思ってしまった方は『中國超人インフラマン 』の方がまだ人生の限られた時間を無駄にせずに済むと思います。

ちなみにインフラマン に関しては以前ゲスト出演させて頂いたポッドキャスト「映画痴話狂い」さんでお話させて頂きました(宣伝)!
https://itunes.apple.com/jp/podcast/%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%97%B4%E8%A9%B1%E7%8B%82%E3%81%84/id680375607?mt=2&i=1000384312843


サンダーストームに関してはこれくらいにして。

今回はお便りコーナーの方にむしろ反省が多かったです。


阪神タイガースのモレノ投手のエピソードとして紹介した「メッセンジャーから布教されたラーメンはケータリングするほど好き。」というエピソードは、モレノではなくドリスのエピソードでした。

正しいモレノのエピソードは「試合中にブルペンでファンとキスして出場停止」というものでした。
関係者各位ならびに阪神タイガースファンの皆様、大変申し訳ございません。

ちなみにルビー・モレノの出演作として新城が言った映画のタイトルも間違っていました。

×同じ月を見ている
○月はどっちに出ている

グズグズですね。本当に申し訳ない。
ちなみに解雇・帰国の紆余曲折を経て、今も稲川素子事務所に所属されてるそうです。


あと鈴木敏夫Pが恵比寿を拠点にしているという話は有名なのですね。
この記事にも仕事場が恵比寿であることがはっきり明記されていました。

鈴木敏夫プロデューサーに聞く“現在進行形”の宮崎駿監督とスタジオジブリ https://www.nippon.com/ja/views/b05401/#.Wvnn_PPhiRc.twitter


じゃあ新城が常日頃から遭遇していた鈴木敏夫P似の老人はご本人だったのですね!

遊び人の金さんが遠山のお奉行様だったなんて!


そんな感じです。



以上です。





今回のハイライト


新「『バカか?』って言われるんすけど、『デカよ』って返す。すごい」

チャ「え、ええ?それ英語だとなんて言ってるんだろうね?」

新「分かんないですねーこのセンス見習いたい!」





告知!





お次は毎度おなじみ東京ミルクホールの月一トークイベントのお知らせ!

「世界痛快伝説!!ミルクぶれいく」第12夜 5/26(土)19:30開演(先走りトーク19:15〜)於:池ノ上BARガリガリ
1500円 ワンドリンク別
チケットご予約はこちら⇒https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_mb2018

今回は土曜日ですので、いつも平日の夜は忙しくて…という方も是非是非お越しください!
一見さんにも優しいのが東京ミルクホールです!!


そして!

新城の舞台客演情報です。

カカフカカ企画番外公演
『THE BIG ESCAPE -大脱獄-』
企画/高野憲太朗
脚本・総監督/高山銀平
演出/kkfpro
‪2018.6.27(Wed)-7.1(Sun)‬
@池袋シアターKASSAI

カカフカカ企画がお送りする、
全力のナンセンスコメディ!!!
http://stage.corich.jp/stage_main/74768

27(水)19:30★
28(木)19:30◎
29(金)14:00◎/19:30★
30(土)14:00◎/19:30★
7/1(日)12:30★/16:30◎
◎/★=一部ダブルキャスト

料金 前売り2500円〜3600円
ご予約はこちらから(新城扱い)
https://www.quartet-online.net/ticket/bigescape?m=0iffcbb


今回ダブルキャストとなっていまして、新城は◎チームの方に出演します。
ということは木夜、金昼、土昼、日夕ですね。
うーん微妙に来づらい日程!
でも頑張ってますのでチラ見しに来てくだされば幸いです。



さらに!

昨年9月に上演されました東京ミルクホール本公演!
『カスカビアン・グラフィティ〜春日部★青春協奏曲〜』DVDが絶賛販売中であります!!
https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_dvd

さらに過去作の中から特に名作の呼び声も高い『あばれ野球 今夜も涙の日米決戦』(2008年)も併せて初のDVD化!
そして劇団史上最高にノッていたあの頃に作った『水晶の夜〜グーテンターク!私たち、日本のとある元祖有名少女歌劇団です。』(2009年)もこれを機会に再販!!

価格は1枚3500円!さらに2枚同時購入で6000円!3枚同時なら8500円!!と、買えば買うほどお得になるシステムです!!
いずれもここでしかお求めになれない銘品珍品の数々!当劇団の今後の運営がここにかかっております!お願いです!!買ってください!!!(土下座)

全てのお求めはこちらのURLから!
https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_dvd


あと、4月より福島県にて放映されている総合葬祭会社の「たまのや」さんのCMに新城が出演しております。
下記サイトから動画がご覧になれますので、役者新城のお仕事をチラ見してってください。
http://tamanoya.cocolonet.jp/cm/


東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
https://mobile.twitter.com/tokyomilk_bs

どこより早い次回予告、収録時の裏話、皆様からお寄せ頂いた番組のご感想、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!

さらに東京ミルク放送局公式LINE@はじめました!
友だち追加

ここでしか見れない情報と中の人などいないスーパーアルゴリズム画像返信botとの愉快な会話が楽しめる公式LINEです!

今のところ「チャンマツ世界征服への道」を週一配信してますが今後ファンの皆様宛のプレミアムな情報をお届けするかも!よろしくです!!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@tf-tms.jp



次回は!

漫画ソムリエ・Tobari(元QOOLAND)の平井拓郎さん久々のご登場!

漫画村問題から最近のオススメ漫画と、漫画に関わる話題を硬軟取り混ぜてお送りする「帰ってきた俺たちのマンソム平井先生!」シリーズをお送りしております!

よろしくお願いします!!


今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 02:58| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

新城侑樹の大反省会〜第170回 俺たちの'90年代映画

冒頭の雑談もそこそこに本題に入っている今回!!

ということで映画ポッドキャスト界の先輩、『わたしはラジオ〜わたラジ〜』から、メインパーソナリティのカズハセさん、わたラジ準レギュラーにして当番組の初期からのリスナーさんでもあるすぱすぱさんをお迎えしてお送りしました究極タッグバトル回です。


いやー楽しかった。


前に僕が参加できなかった時にチャンマツ氏とカズハセさんの二人で収録されてた回を歯噛みしながら聴いていたので今回混ざれて本当に良かったです。

そして、自分とこの番組なのにゲストのカズハセさんに進行を丸投げするという暴挙。

めちゃくちゃ楽…もとい、楽しかったです。

僕やチャンマツ氏がどんだけ脱線させてもちゃんと本筋に戻してくれるカズハセさんの仕切りの上手さ。

そして昔の映画の知識と記憶を膨大に湛えていて、すぐさま取り出して語ることのできるすぱすぱさんの博識さ。


最高でした。

また一緒に何かやりましょう。


さて、今回取り上げた年代別洋画/邦画ランキングはこちら。
(出典: 年代流行 http://nendai-ryuukou.com/1990/movie2.html)


1990年映画(洋画)ランキング

順位 タイトル名 配給収入
1位 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 55.3億円
2位 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3 47.4億円
3位 ダイ・ハード2 32.5億円
4位 ゴースト ニューヨークの幻 25.0億円
5位 バットマン 19.1億円
6位 ゴーストバスターズ2 17.5億円
7位 7月4日に生まれて 14.7億円
8位 デイズ・オブ・サンダー 14.1億円
9位 グレムリン2 新種誕生 13.4億円
10位 フィールド・オブ・ドリームス 11.0億円


1991年映画(洋画)ランキング

1位 ターミネーター2 52.0億円
2位 ホーム・アローン 33.0億円
3位 プリティ・ウーマン 30.9億円
4位 トータル・リコール 24.5億円
5位 ダンス・ウィズ・ウルブズ 15.0億円
6位 ゴースト ニューヨークの幻 14.5億円
7位 ゴッドファーザーPARTV 13.0億円
8位 バックドラフト 12.0億円
9位 ロッキー5 最後のドラマ 10.5億円
10位 ネバーエンディング・ストーリー 第2章 10.2億円


1992年映画(洋画)ランキング

1位 フック 23.3億円
2位 エイリアン3 19.5億円
3位 氷の微笑 19.0億円
4位 JFK 17.0億円
5位 美女と野獣 16.0億円
6位 パトリオット・ゲーム 12.0億円
7位 ホット・ショット 10.2億円
8位 愛人 ラマン 10.0億円
9位 リーサル・ウェポン3 10.0億円
10位 ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の七日間 8.0億円


1993年映画(洋画)ランキング

1位 ジュラシック・パーク 83.0億円
2位 ボディガード 41.0億円
3位 アラジン 25.0億円
4位 ホーム・アローン2 25.0億円
5位 逃亡者 22.5億円
6位 幸福の条件 13.6億円
7位 シュワルツェネッガー 
ラスト・アクション・ヒーロー 12.0億円
8位 ザ・ファーム 法律事務所 11.0億円
9位 永遠に美しく… 11.0億円
10位 硝子の塔 9.5億円


1994年映画(洋画)ランキング

1位 クリフハンガー 39.5億円
2位 トゥルーライズ 32.0億円
3位 シンドラーのリスト 20.6億円
4位 ライオン・キング 16.6億円
5位 パーフェクトワールド 17.0億円
6位 ミセス・ダウト 16.0億円
7位 メジャーリーグ2 13.0億円
8位 めぐり逢えたら 12.0億円
9位 フリント・ストーン モダン石器時代 11.0億円
10位 クール・ランニング 10.0億円


1995年映画(洋画)ランキング

1位 ダイ・ハード3 48.0億円
2位 スピード 45.0億円
3位 フォレスト・ガンプ 一期一会 38.7億円
4位 マディソン郡の橋 23.0億円
5位 ウォーターワールド 21.0億円
6位 アポロ13 20.0億円
7位 マスク 18.0億円
8位 アウトブレイク 13.0億円
9位 フランケンシュタイン 10.5億円
10位 キャスパー 9.0億円


1996年映画(洋画)ランキング

1位 ミッション:インポッシブル 36.0億円
2位 セブン 26.5億円
3位 ツイスター 24.0億円
4位 イレイザー 17.0億円
5位 ザ・ロック 14.0億円
6位 ベイブ 12.5億円
7位 ノートルダムの鐘 12.0億円
8位 12モンキーズ 11.0億円
9位 ジュマンジ 11.0億円
10位 007/ゴールデンアイ 10.0億円


1997年映画(洋画)ランキング

1位 インデペンデンス・デイ 66.5億円
2位 ロスト・ワールド ジュラシック・パーク 58.0億円
3位 スピード2 20.0億円
4位 フィフス・エレメント 16.0億円
5位 スリーパーズ 14.5億円
6位 身代金 13.0億円
7位 デビル 13.0億円
8位 デイライト 12.9億円
9位 101 11.0億円
10位 スター・ウォーズ 特別篇 10.0億円


1998年映画(洋画)ランキング

1位 タイタニック 160.0億円
2位 ディープ・インパクト 47.2億円
3位 メン・イン・ブラック 35.0億円
4位 GODZILLA 30.0億円
5位 プライベート・ライアン 24.0億円
6位 エアフォース・ワン 20.0億円
7位 シティ・オブ・エンジェル 17.0億円
8位 仮面の男 16.2億円
9位 セブン・イヤーズ・イン・チベット 15.5億円
10位 リーサル・ウェポン4 12.0億円


1999年映画(洋画)ランキング

1位 アルマゲドン 83.5億円
2位 スター・ウォーズエピソード1 ファントム・メナス 78.0億円
3位 マトリックス 50.0億円
4位 シックス・センス 43.0億円
5位 ハムナプトラ 失われた砂漠の都 18.0億円
6位 アイズ ワイド シャット 17.5億円
7位 ジョー・ブラックをよろしく 14.0億円
8位 ラッシュアワー 12.0億円
9位 恋におちたシェイクスピア 12.0億円
10位 エリザベス 12.0億円




邦画のランキングは結局'92年までしか行かなかったし長くなるからいいか!

今度また邦画ランキング特集をやります。


で、下調べなく昔のことを思い出し思い出しで話しているので結構自分が喋ったことも事実誤認というか記憶違いがあります。

例えばターミネーター2のT-1000役のロバート・パトリックが双子というのは、番組内でも指摘があった通り嘘でした。
皆さんが言う通りサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが双子で、T-1000に追跡されるシーンでは姿を変えたT-1000を双子の姉が演じてCG無しで撮っているという。
わりと撮影の裏話としては有名な話のようですが、新城は覚え間違いをしてました。スミマセン。


あと、『稲村ジェーン』をめぐる桑田佳祐と北野武との対立の話。

これは『稲村ジェーン』を見たたけしが「音楽以外見るものがない駄作」と評したことに桑田さんが猛反論し、それに対してたけしが「俺ならこう作る」として出したアンサーが『あの夏、いちばん静かな海。』だというのが真相のようなので、こういう前後関係が正しいです。

あれもこれも盛り込んで焦点がボヤけてしまった『稲村〜』に対し、徹底的に引き算で作られた『あの夏〜』は静かな北野作品として評価が高く、その後桑田佳祐は音楽活動に専念し、映画は一切作っていない、というちょっといい話ですわよ奥さん!


そんなこんなで。

これからも時々こんなお祭り騒ぎをできたら楽しいですね。


以上です。




今回のハイライト



新「シュワちゃんは全部見直したいなあ…」





告知!


今回コラボさせて頂いた映画ポッドキャスト『わたしはラジオ〜わたラジ〜』に、チャンマツ新城もゲスト出演させて頂きました!!

#188 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』について語ってみた
https://itunes.apple.com/jp/podcast/%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%AF%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%83%A9%E3%82%B8/id905393409?mt=2&i=1000410155401

改めて「映画についてあーだこーだ語り合う」という事についての面白さを再認識させて頂きました。
新城はお邪魔している身分を忘れてキャッキャはしゃがせて頂いてますので、若干ウザいかもしれません…既存のリスナーの方すみません!
また是非コラボさせて頂けると嬉しいです!

カズハセさんすぱすぱさんありがとうございました!!



お次は毎度おなじみ東京ミルクホールの月一トークイベントのお知らせ!

「世界痛快伝説!!ミルクぶれいく」第12夜 5/26(土)19:30開演(先走りトーク19:15〜)於:池ノ上BARガリガリ
1500円 ワンドリンク別
チケットご予約はこちら⇒https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_mb2018

今回は土曜日ですので、いつも平日の夜は忙しくて…という方も是非是非お越しください!
一見さんにも優しいのが東京ミルクホールです!!


そして!

新城の舞台客演情報です。

カカフカカ企画番外公演
『THE BIG ESCAPE -大脱獄-』
企画/高野憲太朗
脚本・総監督/高山銀平
演出/kkfpro
‪2018.6.27(Wed)-7.1(Sun)‬
@池袋シアターKASSAI

詳細分かりましたら追加情報お伝えします!


さらに!

昨年9月に上演されました東京ミルクホール本公演!
『カスカビアン・グラフィティ〜春日部★青春協奏曲〜』DVDが絶賛販売中であります!!
https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_dvd

さらに過去作の中から特に名作の呼び声も高い『あばれ野球 今夜も涙の日米決戦』(2008年)も併せて初のDVD化!
そして劇団史上最高にノッていたあの頃に作った『水晶の夜〜グーテンターク!私たち、日本のとある元祖有名少女歌劇団です。』(2009年)もこれを機会に再販!!

価格は1枚3500円!さらに2枚同時購入で6000円!3枚同時なら8500円!!と、買えば買うほどお得になるシステムです!!
いずれもここでしかお求めになれない銘品珍品の数々!当劇団の今後の運営がここにかかっております!お願いです!!買ってください!!!(土下座)

全てのお求めはこちらのURLから!
https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_dvd


あと、4月より福島県にて放映されている総合葬祭会社の「たまのや」さんのCMに新城が出演しております。
下記サイトから動画がご覧になれますので、役者新城のお仕事をチラ見してってください。
http://tamanoya.cocolonet.jp/cm/


東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
https://mobile.twitter.com/tokyomilk_bs

どこより早い次回予告、収録時の裏話、皆様からお寄せ頂いた番組のご感想、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!

さらに東京ミルク放送局公式LINE@はじめました!
友だち追加

ここでしか見れない情報と中の人などいないスーパーアルゴリズム画像返信botとの愉快な会話が楽しめる公式LINEです!

今のところ「チャンマツ世界征服への道」を週一配信してますが今後ファンの皆様宛のプレミアムな情報をお届けするかも!よろしくです!!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@tf-tms.jp



次回は!

クソ映画、それ以上でもそれ以下でもない怪作!

俺たちの『サンダーストーム 雷鋼の鎧』をお送りしております!

よろしくお願いします!!


今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 14:08| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

新城侑樹の大反省会〜第169回 俺たちのゴーストバスターズ

高畑勲監督逝去とバーフバリAN絶叫上映論で始まる今回!

高畑勲監督については第9回 俺たちの「高畑勲・かぐや姫の物語をつくる」も前週に再アップしてますのでご参照ください。

高畑勲監督のご冥福をお祈り致します。


今回は!

リクエストにお応えして映画『ゴーストバスターズ』をお送りしてます、が!

これまでの旧作映画回と比べて内容の薄いものになっているのではないか?と反省しきりです。

いつもなら「あんまり面白くない」派のチャンマツに対してそれがいかに面白いかを無理攻め気味に押していくのが新城のスタイルなのですが、なんとなーく同意してそれ以上広がらずにスッ…と終わっている点。

ただ単に自分も「つまらなかったなあ」という感想なら致し方ないのですが、決して嫌いではない上に探せばもっと話すべき小ネタはふんだんにあったハズ。

結果、新城の怠慢と準備不足です。

本当に申し訳ない。


ただ、マシュマロマンの意外な小ささとあれだけ大物感出してた破壊の神ゴーザの呆気なさにはちょっとガッカリだったぞ!

どうでもいいけど苦悶の表情で溶けていくマシュマロマンにそこはかとないエロさを感じてしまうのは僕だけでしょうか?



残りの時間(というか、本題の映画の話はトータル20分そこそこで前後計50分くらいが雑談)はチャンマツ新城の口から語られる演技論めいた何かです。

ちょっと舞台という板の上に立ったりカメラの前に立ったりしてみたこともある程度の経験則で独断と偏見で語っているものですので酔っ払いの戯言と聞き流してください。
我々ごときが語れるものではないです。

ただ、そのやり方について「好き」か「嫌い」か「どうでもいい」があるのみです。

よく分かんないですがこんなもんでいいでしょうか。

というかもう勘弁してください(泣)。



道半ば、一生勉強中。


皆さんは好きなものを好きなだけご覧になり、好きなように評価して頂くのがただ一つの正解ではないかなあと思います。


次はもうちょっと面白い話ができるように頑張ります。


とりあえずバーフバリ(王の凱旋)は最高ってことだけがこの世で唯一の真実です。


以上です。




今回のハイライト


チャ「初めて若い時のシガニー・ウィーバーをメスとして見たわけです私」

新「メスとしてね」

チャ「…まあまあ美人。」






告知!


現在配信中の最新第170回でもコラボさせて頂いた映画ポッドキャスト『わたしはラジオ〜わたラジ〜』に、チャンマツ新城がゲスト出演させて頂きました!!

#188 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』について語ってみた
https://itunes.apple.com/jp/podcast/%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%AF%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%83%A9%E3%82%B8/id905393409?mt=2&i=1000410155401

改めて「映画についてあーだこーだ語り合う」という事についての面白さを再認識させて頂きました。
新城はお邪魔している身分を忘れてキャッキャはしゃがせて頂いてますので、若干ウザいかもしれません…既存のリスナーの方すみません!
また是非コラボさせて頂けると嬉しいです!
カズハセさんすぱすぱさんありがとうございました!!

ということで是非聴いてみてくださいw



お次は毎度おなじみ東京ミルクホールの月一トークイベントのお知らせ!

「世界痛快伝説!!ミルクぶれいく」第12夜 5/26(土)19:30開演(先走りトーク19:15〜)於:池ノ上BARガリガリ
1500円 ワンドリンク別
チケットご予約はこちら⇒https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_mb2018



そして!

新城の舞台客演情報です。

カカフカカ企画番外公演
『THE BIG ESCAPE -大脱獄-』
企画/高野憲太朗
脚本・総監督/高山銀平
演出/kkfpro
‪2018.6.27(Wed)-7.1(Sun)‬
@池袋シアターKASSAI

詳細分かりましたら追加情報お伝えします!


さらに!

昨年9月に上演されました東京ミルクホール本公演!
『カスカビアン・グラフィティ〜春日部★青春協奏曲〜』DVDが絶賛販売中であります!!
https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_dvd

さらに過去作の中から特に名作の呼び声も高い『あばれ野球 今夜も涙の日米決戦』(2008年)も併せて初のDVD化!
そして劇団史上最高にノッていたあの頃に作った『水晶の夜〜グーテンターク!私たち、日本のとある元祖有名少女歌劇団です。』(2009年)もこれを機会に再販!!

価格は1枚3500円!さらに2枚同時購入で6000円!3枚同時なら8500円!!と、買えば買うほどお得になるシステムです!!
いずれもここでしかお求めになれない銘品珍品の数々!当劇団の今後の運営がここにかかっております!お願いです!!買ってください!!!(土下座)

全てのお求めはこちらのURLから!
https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_dvd


あと、4月より福島県にて放映されている総合葬祭会社の「たまのや」さんのCMに新城が出演しております。
下記サイトから動画がご覧になれますので、役者新城のお仕事をチラ見してってください。
http://tamanoya.cocolonet.jp/cm/


東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
https://mobile.twitter.com/tokyomilk_bs

どこより早い次回予告、収録時の裏話、皆様からお寄せ頂いた番組のご感想、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!

さらに東京ミルク放送局公式LINE@はじめました!
友だち追加

ここでしか見れない情報と中の人などいないスーパーアルゴリズム画像返信botとの愉快な会話が楽しめる公式LINEです!

今のところ「チャンマツ世界征服への道」を週一配信してますが今後ファンの皆様宛のプレミアムな情報をお届けするかも!よろしくです!!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@tf-tms.jp



次回は!

血湧き肉躍るゲスト回にしてコラボ回!

俺たちの'90年代映画をお送りしております!

よろしくお願いします!!


今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 03:11| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする