2018年09月12日

新城侑樹の大反省会〜第187回 俺たちの幽遊白書

OPトークを割愛して開始40秒で本題に入っている今回!
これぐらいのテンポ感が正しいと悟りました。

まあ次からまた冒頭の駄話をしてしまってますが。
学習なし!!


さて今回は。

HUNTER×HUNTERの冨樫義博先生の若き日の代表作、幽☆遊☆白書を特集しました。

この世の全ての厨二要素がこの作品から世界に溢れ出していったと言っても過言ではないパンドラの箱的作品な訳ですが、そもそもタイトルに☆が二つ挟まっているという恥ずかしすぎるこのセンス!


どうでもいいけど小学校のクリスマス会のプレゼント交換で幽☆遊☆白書10巻が当たった時は嬉しかったなあ…。

そしてこれを書いている今、件のTOKYO MX再放送版幽☆遊☆白書を見ているのですがちょうど「戸愚呂が本気(80%以上)を出すと周りの弱い妖怪は蒸発し始める」くだりが出てきてフフッてなりました。


それはさておき。


最近『カメ止め』パクリ疑惑騒動の話題もありましたが、こと日本のマンガ・アニメにおけるパクりパクられの流れの中で、本作は非常に重要な位置を占める作品だと思います。

参考までに、冨樫先生がこの作品を執筆するにあたって参考にした(パクった)と思われるもの、そして後の作品に影響を与えた(パクられた)と思われるものを順不同で思いつく限り列挙してみたいと思います。


○冨樫先生がパクった(と思われる)もの

・死神くん(死後の世界、ヒューマンストーリー)
・ろくでなしブルース(初期の桑原の立ち位置が中田小平次と類似)
・3×3EYES、三つ目がとおる(第三の目=邪眼)
・ドラゴンボール(天下一武道会的な展開、戦闘力の数値化)
・ジョジョの奇妙な冒険(能力バトル、テリトリーの概念)
・うしおととら(魔人幽助のビジュアル)
・寄生獣(戸愚呂兄、後藤と仙水はビジュアルに加えて5匹の寄生獣が共生している設定も7人の多重人格という設定と類似)
・コブラ(仙水の7つの人格の一つカズヤが使う気硬銃がサイコガンと酷似)


○後に他作品が本作からパクったと思われるもの

・スラムダンク(台詞のみで説明して最後まで描かれないラスト)
・今日から俺は!!(集合写真の一枚絵で終わる最終話)
・ゲゲゲの鬼太郎 テレビアニメ6期(鬼太郎の必殺技、指鉄砲が霊丸に酷似)
・進撃の巨人(リヴァイ兵長のキャラに飛影との共通点多し)

まだまだ探せばいくらでも出てくると思いますが(あと言いがかりも多いかと思いますが)この辺で。

そして最近、あの作品も影響を受けていると確信しました。


・君の膵臓をたべたい
(死病を宣告されながら病死ではなくそれ以外の要因で命を落とすメインキャラ)

仙水は死病で余命わずかと宣告されながら魔族の血に覚醒した幽助に一方的に暴行されて命を落とします。
一方『キミスイ』のヒロイン、山内桜良は膵臓の病気で余命わずかと宣告されながら、主人公に会いに行く途中で通り魔の被害に遭い命を落とします。


確実に影響を受けている。


断言せざるを得ませんね。



「冨樫義博先生の漫画が読めるのはジャンプだけ!」


ご存知の通りWJ(週刊少年ジャンプ)連載中の作家は他誌で描くことはできないという鉄の掟が存在します。

このフレーズが一体どれだけ冨樫先生を苦しめてきたか。

一度連載を終了させてしまえば他誌でのんびり描くことも可能だと思われるのに、H×Hが終結しないばかりにずーっとWJの呪縛から逃れられない冨樫。

しかも今となっては適当に終わらせることも許されていないはず。

これを呪いと呼ばずして何と呼ぶ!?


そんな冨樫義博先生に一日でも早い安らかな日々が訪れる事を願っております。


以上です。

ファビュラスファビュラス。



…あっ、配信時の文字情報で美しい魔闘家鈴木の凄さについて書くって言ってたの忘れてた!


美しい魔闘家鈴木のすごいところ

・名前のセンスが凄い。「魔闘家」がなんなのか分からない以上「美しい魔闘家」って全く分からない。しかも「鈴木」はたぶん偽名(過去に「田中」だったことがあるため)。そもそもれっきとした妖怪なのに普通の名字って。

・自信が凄い。どう見てもピエロだけど本当にピエロでかませ犬でしかなかった。予想も期待も裏切らない。

・闇アイテム作りの才能が凄い。しかも蔵馬と桑原に前世の実と試しの剣をポンッとくれる気前の良さ。これがなかったら浦飯チームが優勝できたかは怪しい。その上…(次へ続く)

・何気に最後まで話に絡んでるのが凄い。試しの剣の副作用で桑原が不調→仙水一味の襲撃→復調時に次元刀習得→次元刀で魔界との境界切断→妖狐蔵馬の魔界への帰還→魔界編で桑原の出番が無くなると自分が復帰→妖力値100,000超えのS級妖怪へ。

・主人公の幽助と実は一切絡んでいないのが凄い。魔界編で再登場した時も「誰?」ってなるんじゃないか。(死々若もそうだけどそもそもこいつは見た目が変わりすぎ)



すごくね?鈴木。




以上です。


ファビュラスファビュラス。





今回のハイライト


新「あれ?もしかしたら俺もある日突然、額の目が開いたりとか、死ぬような交通事故にあって死にそうになった時に魔族の血が覚醒して…」

チャ「ねぇわ!魔族の血じゃねえよどこで輸血すんだよそれ」




告知!


まずは新城の客演情報です!9月後半!!

Coochレギュラー公演第3弾
9月公演『もう記者会見!!』
•日時
9/21(金)、22(土)
各日15:00 / 18:30(全4回公演)
100分予定

•劇場
本所地域プラザBIGSHIP
(東京都墨田区本所1丁目13番4号)
•チケット
前売/当日 3800円
プレミアム 5000円
学割/地元割 2000円
公演サイトはこちら

謝罪会見コメディです〜。
女子が多い。
そして若い。
新城はこれまでない感じの役柄に挑戦させてもらっております。

日程少ないのですがお時間合えばよろしくお願い致します!!
チケットのご予約はこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/moukisyakaiken?m=0jgfgjj


続きまして!
毎度おなじみ東京ミルクホールの月一トークイベント!

「世界痛快伝説!!ミルクぶれいく」第16夜
9/29(土)19:30開演(先走りトーク19:15〜)於:池ノ上BARガリガリ
1500円 ワンドリンク別
チケットご予約はこちら⇒https://www.quartet-online.net/ticket/tmh_mb2018

劇団創設時からの音響さん・眞澤則子さんをお迎えしての東京ミルクホールの歴史を振り返る会の後編!!
この回から新城チャンマツが入団した後の公演の話も出てきますので東京ミルクホールファンの方は勿論のこと、ミルク放送局で知ったけどお芝居は見たことがない!という方、はたまたまったく何も知ったこっちゃない!という方もお楽しみいただける事間違いなし!!

そんなこんなで企画もモリモリですのでミルク放送局リスナーの方は是非ともお越しください!!!



東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
https://mobile.twitter.com/tokyomilk_bs

どこより早い次回予告、収録時の裏話、皆様からお寄せ頂いた番組のご感想、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!


さらに東京ミルク放送局公式LINE@はじめました!
友だち追加

ここでしか見れない情報と中の人などいないスーパーアルゴリズム画像返信botとの愉快な会話が楽しめる公式LINEです!

今のところ「チャンマツ世界征服への道」を週一配信してますが今後ファンの皆様宛のプレミアムな情報をお届けするかも!よろしくです!!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@tf-tms.jp



次回は!

さくらももこ先生追悼企画、
俺たちのコジコジをお送りしております!

よろしくお願いします!!


今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=
posted by チャンマツ at 04:20| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: