2017年05月29日

新城侑樹の大反省会〜第115回 俺たちのバブルへGO!! タイムマシンはドラム式

公開イベント構想と冷蔵庫マンファミリーデビュー戦の話題から始まる今回!!

「エンタメ界のキャプテン・オブ・ザ・シップ」となって1回目の配信です。ここから始まる東京ミルク放送局・第2期。今後ともよろしくお願いします。ヨーソローヨーソロー。


荒川河川敷(野外ライブ)ツアーは5/28(日)時点で2名の賛同が得られております。
あと8名のご要望が集まれば実現します!

和光市、川口市、足立区、葛飾区、江戸川区の5大都市ツアーかなー。夢が広がりますね。


新城のコールドプレイ(冷え冷えジョーク)は古典ギャグ「よっこいしょういち(横井庄一)」と見せかけて「斧だ。拾おう(小野田寛郎)」というネタです。

すいませんでした。ドンもすいませんでした。

あっ。

本当に申し訳ない。(最上位の謝罪語)

(※余談ですがNHK朝ドラ『ひよっこ』のこれを書いている時点で最新の回(土曜日分)の冒頭で竜星涼が「本当に申し訳ない」と言っていて、本当に流行っているのか!?と思ってしまいました。以上余談終わり)

さあこの流れがみなさんの記憶から消えるおまじないをかけますよー。3, 2, 1, ドーーーン!!



さて。



今回はホイチョイプロダクションズの最終作『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』をご紹介しました。

さんざん当番組で持ち上げてきましたホイチョイシリーズ、やはり最後も我々的には名作中の名作でした。
「我々はこういうのが好き」というモデルケースとして今後も語り継いでいきたいものです。

リクエストとかもそれを踏まえて送ってくれたら嬉しいな!

…と書きかけてやめました。
(今後も自由な発想でお送り頂ければ幸いです)


以下、補足と反省。


吹石一恵の話で出てくる福山さんが売れた時期について。

チャンマツは映画公開時(2007年)の話をしてると思いますが新城は劇中の'90年の話をしています。
まずここで一個噛み合ってないのに新城は気づいてません。

さらに後で調べたところ福山さんが長崎のネジ工場で働いていたのは'87年の5ヶ月間のみで、その年のうちに上京。'88年に俳優デビューし映画の舞台となっている'90年3月にはシングル「追憶の雨の中」でCDデビューしています!ありがとうWikipedia先生!

という事でこの辺りの話は聞き流してください。
どうでもいいね!


一億あったらどう使う?の件。

二人とも使い道が分からず「投資信託」と「定期預金」というまったく夢のない話になりましたがお聴きの方々はどのように使われるのか知りたいので、これを読まれた方、もしよろしければ番組のご感想と併せて「一億円の使い道」についてお聞かせください。ご自分の話で結構です。
(という質問で「本当にこの文章を読んでいる人が(埼玉の大澤さん以外に)いるのかどうか」について確認したい私)


センター分けツーブロックについて。
話に上がっているアイスジンCM動画はこちらです。(3人めが一般JIN)
https://youtu.be/zpy1yKomHsY

こんな奴いねぇよ!
でも当時はいっぱいいたんだよ!!
ただこのCM、1995年なんですね。もっと昔だと思ってました。

余談ですがこの商品、今年の春から放映されたマッチさん出演のCMに新城が少しだけ…
もとい、少しも映ってはいませんが撮影現場には…

なんでもありません。


キクねぇ!という阿部ちゃんのセリフが過去と現在を繋ぐいい小道具になってましたね。配信中では触れられませんでしたが。


ホイチョイラストの法則。

前にメッセンジャー回で言ったかも知れませんが今までのホイチョイシリーズのラストはこうなっていました。

・タイトル
・エンディング曲
・キスシーンの有無

の順に書いてみます。

・私をスキーに連れてって('87)
・淡々とユーミン
・なし

・彼女が水着にきがえたら('89)
・完璧なタイミングでサザン
・あり

・波の数だけ抱きしめて('91)
・淡々とユーミン(切ない)
・なし

・メッセンジャー('99)
・ちょいダサラップ(MVP加山雄三)
・あり


この法則でいうとエンディングは「淡々とユーミン」「キスシーンなし」になるはず!

でも実際はボーイズタウンギャングのCan't take my eyes off youからの加藤ミリヤでした。
これ法則でもなんでもねぇ!

でもキスシーンはありませんでした。もうキスシーンとかそういうのを超越した大団円でしたね。
そんな感じ。


お便りもたくさんお送り頂きまして近頃ではコーナーとして成立してきたので併せて反省と補足。

キングコング。落ちて死ぬ建物が間違ってました。

×マジソンスクエアガーデン
○エンパイアステートビル

さーせん。(軽い謝罪語)


マーティン23さんのお便りを読んで第44回「俺たちの叶恭子様」の回を聴き返してみると、なんとチャンマツ氏が「長渕剛のCaptain of the Ship」について言及してるじゃないですか…!

今に至るまで全て繋がっている、細い糸が撚り集まってできた太い綱でこの配信が支えられているのを感じました。大袈裟ですが。


くまみこ回=第68回(2016年7月4日配信)です。ボトムズの予告の銀河万丈が明後日を「そんな先の事は分からない」と言っているのに照らすとそんな昔の話は我々一切覚えてないので興味を持たれた方は聴いてみてください。

ちなみにですがiPhoneのポッドキャストアプリでは最新100件しか保存できないので第40回以前は既に消えてますし、サーバー容量の関係で本当に最初の方(10回ちょい分)はブログ上からも消えてます。
ので、気になった回はお早めに保存かダウンロードをお願いします…。


そんなところです。


あ!

レビュー書いてほしいと言った矢先に書いてくださったお二方ありがとうございます!
あんな感じで宣伝して頂けると我々非常に喜びますので忌憚のないご意見を頂けるとありがたいです!!(切実に)


以上。チャンチャン。



今回のハイライト


新「(伊藤裕子の髪型を見て)なんかこういう髪型の人いましたよ。うちの叔母とかこんなんでしたよ」

チャ「うちのいとこのカザリちゃんもこんな髪型だったよ。横浜の高島屋に勤めてる」

新「うちの母親ソバージュでしたよ(笑)」



告知!


東京ミルクホール 新イベント「世界痛快伝説!! ミルクぶれいく 第4夜」
2017年6月5日(月)19時15分〜/@池ノ上BARガリガリ/チケット1500円(ワンドリンク別)

2016年末に終了した「今夜はイイ感じ☆」に代わって今春から始まりました新イベント!
第4回目のゲストは江古田のガールズ主宰・脚本・演出の山崎洋平さん!
是非みなさまお誘い合わせの上お越しください!!
ご予約はこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/20170605



続いて東京ミルクホール9月公演!
『カスカビアン・グラフィティ〜春日部★青春協奏曲〜』
9月13日(水)〜18日(月)@Space早稲田

出演者情報などの詳細はこちら↓
http://d.hatena.ne.jp/tokyomilkhall/20170523

チケット発売は7月6日(木)を予定しております!


東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
ID: @tokyomilk_bs でどこより早い次回予告、収録時の裏話、皆様からお寄せ頂いた番組のご感想、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!


その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@tf-tms.jp



次回は!

日本のスピルバーグ、三池崇史監督と日本のジョニー・デップ、木村拓哉主演の最新作!

俺たちの「無限の住人(実写映画版)」をお送りします!!!


乞うご期待!!!



今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 02:52| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: