2016年05月29日

新城侑樹の大反省会〜第62回 帰ってきた俺たちのラブライブ! ラブライバー山ア君と遊ぼう〜

※この記事には第62回配信のネタバレが含まれておりますが細かいことは気にしておりません。誹謗中傷、やめーーーーーーー!!!


OPトークもそこそこに本編になだれ込む今回!

チャンマツ氏が校長を務めるUTB映像アカデミーの今春からの新入生、ガチラブライバーの山ア君をゲストに迎えてお送りしましたが、間違いなく2016年一番の問題作です。ええ。


理由として、まず山ア君は正真正銘の素人であるということ。

次に、ラブライブ!にかける思いが熱くて熱くてアツすぎるということ。

劇場版ラブライブ!に30回行った山ア君は劇場版アイカツ!を3回観に行って3回とも泣いた新城の10倍濃いオタクなのか?
もしそうだとしたら…わかるよね。


そして、我々(チャンマツ、新城)のスタンスが基本タチの悪いウザ絡みだということ。

正直に白状してしまうと、

不肖・我々、

「ラブライバー山ア君と遊ぼう!」という副題でありながら山ア君「で」遊ぼう!というスケべ心があったことも事実として認める!

が!!


この山ア君、とにかく崩れなかった。

折れない、ブレない、曲がらない、っょぃオタクであったのだ。

ボクシング4階級制覇のパナマの英雄、ロベルト・デュランなら「No mass!」って試合放棄して帰ってるところだ。

XのYOSHIKIも「カレーが辛い」でライブを飛ばしてしまうくらいだから帰っているだろう。


やりたい放題破壊の限りを尽くすつもりの我々がお釈迦様の手の上で転がされていた孫悟空のような、そんな心持ちにもなってしまう。

そんな鋼のハートと作品愛と強い信念を持ち合わせた山粼君、いや山ア先生を心から讃えたい。


ここからは反省という名の新城の罪状確認です。


冒頭からチブアイブ!という最悪の入りで攻める新城。
今回新城は終始スベっている。


激寒クソデブオカルトタロットスピリチュアルハンドパワータレ目おっぱいツインテヤキニク淫乱盗撮セクハラワシが育てた神出鬼没大食いすっとぼけ音痴サイコガンダムmk-2副会長カメラマンストーカー家庭教師説得タダ乗り便乗入部お祈り一理ある一言多い土俵入りマッチポンプ妊婦棒読み猛虎巫女おうどんさんとダンスに自信ネキ 略して「のんたん」。

ドヤ顔で東條希さんの蔑称を述べる新城はさながら寿限無の暗唱を自慢する小学生+教室で授業中にうんこちんこを連呼する小学生だ。恥辱の極み。

山ア先生が一蹴してくれて本当に良かった。


9人グループを見たら守備位置と打順を考えずにはいられないおじさん!

人でもなんでもない少年ジャンプ打ち切り漫画でさえ打線を組みたくなった我々が今さら何を言うのか!?と思ったけどあれもよく考えたら新城の独断専行企画でした。てへへ。

まとめ!

1. (遊) 星空
2. (左) 園田
3. (投) 高坂
4. (三) 絢瀬
5. (捕) 東條
6. (一) 南
7. (二) 小泉
8. (右) 矢澤
9. (中) 西木野

配信ではセカンド園田と言ってましたがやはりここはりんぱなで二遊間としたい、そして園田には弓道で培った「矢のような送球」がある、ということでレフトにコンバート。
ライパチ矢澤は普段はヤジ将軍以外の活躍はできないけど大事な場面でホームラン級の打球をファインプレーで捕球するなど(ドカベンの北くんとかアパッチ野球軍のモンキーの立ち位置)します。

以上をもって私的見解と致します。異論は認める。


そして。

ただファンとして芯が強いというだけでなく、我々が期待したような気合の入ったトンデモエピソードも惜しみなく披露してくれる山ア大先生!

スノハレ回が最速で見たいために水戸からつくばの後輩の家までテレビを担いで行くエピソードに抱腹絶倒しつつ全俺が泣いた。


人はこれほどまでに何かを好きになれるのか?

というある種永遠のテーマを体現した存在、山ア天皇のラスト5分の独白。
9回裏2アウト満塁、一打サヨナラのピンチに陥っても最後まで投げ切るエースの覚悟を見た気持ちだ。

ベンチの我々もその瞬間、この試合の命運を信じて彼に託したのだ。

嗚呼。山ア大明神。

最後に自らTwitterの垢バレに出るところも最高に漢だ。

また是非お呼びしたいと思います。


今回のハイライト

山「この子は、来ます。」
チ「えっえっ?もっかい言ってもらっていいっすか?」
山「この子は…来ます!!(確信)」



告知!


〜佐野バビ市・浜本ゆたかのトークを中心に七色に輝くオリエンタルな夕べ〜
東京ミルクホールコミックナイトショー 今夜はイイ感じ☆第68夜

【日時】2016年6月21日(火)
19:15より佐野バビ市、浜本ゆたかによる先走りトーク(開場19:00)

【会場】シネマボカン(BARガリガリ)
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1
※井の頭線「池ノ上」駅前スグ

【チケット】1300円(ワンドリンク別)

「シネマでに見とけ!」のコーナーは伊丹十三監督作品第3弾!『あげまん』を特集します!


新エンディングテーマのCOOLANDさん『勝つまでが戦争』は前回より良音質になってますのでご傾聴ください。


その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@utb.jp


次回は!



日本一の熱血漫画家、島本和彦先生の一代記!

俺たちのアオイホノオ!!





乞うご期待!!




当番組iTunesへのアクセスはこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2



写真は収録後に山ア君と撮った記念写真です。

さすがに素人さんなのでお顔はWuG!の太田さんで代用させていただきますがチャンマツ氏曰く「本人じゃねーか!」だそうです。
image1.JPGimage2.JPG
posted by チャンマツ at 08:49| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: