2017年06月11日

新城侑樹の大反省会〜第117回 緊急特別企画・俺たちの浅野いにお

※頭の音が切れてますがいつもの事ですのでスルーしてください。『エンタメ界のキャプテン・オブ・ザ・シップ 東京ミルク放送局』です。よろしくお願いします。


チャンマツの『スプリット』感想からのシャマランキングと新城の鋼鉄ジーグからのバラバラババンバンババンババンバンバンバンババンバンの話題で始まる今回!

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(微妙に配信中に言ってるタイトル間違ってましたすいません)ですが雰囲気的に僕の好きな『バッファロー'66』感があって割といい感じです。

ただ変身ヒーロー物ではないので主人公のビジュアルはパーカー着たおじさん以外の何者でもないのがちょっと取っつきにくいかもしれません。
敵もノーメイクのジョーカーみたいな感じだし。


タイトルになってる鋼鉄ジーグ自体はそこまで絡んでこないけど機動戦士ガンダム以前の古谷徹の代表作といえば巨人の星の星飛雄馬と鋼鉄ジーグの司馬宙だったらしい!

歌詞の約半分が擬音というインパクト抜群のOPテーマが30代一般男性の歌唱で流れるのは90年代後半に文化放送の『佐竹・林原の無法塾』で佐竹雅昭が歌って以来の事だと思います。


俺の鋼鉄ジーグ復刻版クリアバージョン…。
人生における最大級の悲しみの一つです。おもちゃの概要はこちらの外部サイトをご覧ください。
http://ganpura-gandamu-suki.blog.so-net.ne.jp/2015-01-30



さて。


今回は前回の予告から予定を変更して、俺たちの知らない世界シリーズ第一弾!「俺たちの浅野いにお」をお送りしました。


ゲストは相槌の「そうです。」が小気味良い浅野いにお学の権威・おおしろ先生!
企画書持ち込みの企画として、もうなんなら公開イベントでもできるんじゃないかと思いましたが通常配信回にて採用させて頂きました。ありがたや。

一応短編含む全作品についてレビューまとめて頂いたのですが今回は主要三作品、

『ソラニン』
『おやすみプンプン』
『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』

についてお話いただきました。
原作既読の方は勿論、未読の方の為のガイドにも適したアレになってます。

ソラニンは映画版を見てみましたがサンボマスターのベースの方が大変自然な演技をされていてとても勉強になりました。この人役者じゃないのか…どうなってんだよ…。

話が逸れました。

代表作のおやすみプンプンが詰まる所は浅野いにお全体の評価になってしまってる気がしました。

主人公のプンプン以外が徹底してリアル、プンプンとその家族だけを異次元の存在のように描写するという手法が何だか「気持ち悪い」と感じてしまった上に、ストーリーが「ドロドロ」「エグい」という印象(個人的な意見です)だった事から敬遠してしまっていました。


こういう印象で敬遠してしまってる人は多いのではないかと思いますが大変もったいない。いや、もったいなかった。
そういう方はここで『デデデデ』を読んでみてください。

何やら『ドラ○もん』のパクリ漫画が始まりましたね。毎巻この冒頭から始まるストーリー。
要所要所で本編のキーワードが隠されたイソベやんがチャプターの頭の役割を果たしてテンポ良く進み、非常に読みやすい漫画となっております。

異星人と対峙する人類のモラリティ、人権意識が問題にされるSF作品としてはうすた京介先生の『武士沢レシーブ』にも通じるところがあると思いますがそれはひとまず置いといて。


ここで注目したいのは小比類巻くんというキャラクター。

自分の意見は特になく、なんか流行ってるからいいと思う、好きなミュージシャンが言ってたから正しいと思う、ネットでこういう意見が出てるからそうに違いない、という奴。

僕らの印象の中にあった浅野いにおフォロワーの典型的な姿です。
先生自身がそれを知って風刺的に出しているのか否かは分かりませんが、その感性に鋭いモノを感じました。

そんな彼が侵略者によって大切な人を亡くし、侵略者狩りの鬼になっていく姿が今後も気になります。
一見平和が継続してるんだけど明らかにこの後とんでもない事が起こるんじゃないか、という空気をはらみつつ進行してるので目が離せないですね。


そんな話。

東京ミルク放送局はイニー・シコルスキー先生の今後のご活躍にも期待しております。


以上。チャンチャン。




今回のハイライト


新「盲目的な浅野いにおフォロワーは敵国だったかもしれないですけど浅野いにおさん本人は」

お「こっちです」

新「はー。ダライ・ラマ14世」





告知!


月一トークイベント「世界痛快伝説!! ミルクぶれいく」は次回9月までお休みとなります。
開催日時は9/20(水)頃の予定です。
詳細決まりましたらまたお知らせいたします。


東京ミルクホール9月公演!
『カスカビアン・グラフィティ〜春日部★青春協奏曲〜』
9月13日(水)〜18日(月)@Space早稲田

出演者情報などの詳細はこちら↓
http://d.hatena.ne.jp/tokyomilkhall/20170523

チケット発売は7月6日(木)を予定しております!
公演情報のDMが欲しい!という方は番組メールアドレスまでお名前とご住所をお送りください!


東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
ID: @tokyomilk_bs でどこより早い次回予告、収録時の裏話、皆様からお寄せ頂いた番組のご感想、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!


その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@tf-tms.jp



次回は!


マンガ大賞2017受賞作、
俺たちの『響〜小説家になる方法〜』をお送りします!



乞うご期待!!!



今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 22:28| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする