2017年02月13日

第100回 俺たちのメタルマンA

後編でございます。
ア○○ンマン寄せのSFヒーロー映画かと思わせておいてその実サイコホラーなのがある意味この作品の見どころかと思います。博士マジ博士。
という訳でご意見、ご感想は matsu@utb.jp まで、ワンクリックでお気軽にお待ちしております。

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第100回 俺たちのメタルマン@

Z級クソ映画界のホームラン王、メタルマンを取り上げました。記念すべき100回目も特別な事はせず通常営業のテレ東旅グルメ番組感でお送りしております。
ご意見、ご感想は matsu@utb.jp までお気軽にお寄せください。

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

第99回 俺たちのBanG Dream!(バンドリ!)A

バンドリ回後半です。基本古いものや世間の目が向いてないものを取り上げる傾向の当番組が何故放送中の、世間の耳目を集めつつあるメディアミックス作品を取り上げているのかが配信からお察し頂けるかどうか。僕は山吹沙綾ちゃん!
という訳でご意見、ご感想は matsu@utb.jp まで、ワンクリックでお気軽にお待ちしております。

posted by チャンマツ at 03:09| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第99回 俺たちのBanG Dream!(バンドリ!)@

アニメ絶賛放送中のガールズバンド青春アニメ、バンドリ!を特集しました。
ご意見、ご感想は matsu@utb.jp までお気軽にお寄せください。

posted by チャンマツ at 03:03| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新城侑樹の大反省会〜第98回 俺たちのるろうに剣心

せっかくの新ジングルが途中で切れてしまっているという大変残念なOPで始まる今回!

世田谷区のゆうさくさんありがとうございます!


新城が出演した舞台『週刊少年カカフカカVR』終了の翌日の収録で興奮冷めやらぬOPトーク。

ご覧になっていない方にとってはまったく何の価値もない話題でございます。
せ、せめて板の上の空気感だけでも伝わればっ…!!


さておき。


今回は新城の大好きフェイバリット漫画『るろうに剣心』を取り上げました。

舞台のバタバタの中でテーマを決めてから二晩程度の準備期間だった、というのは完全に言い訳ですが好きな気持ちが空回りしすぎて全然語れてないのが大変悔しいアレとなりました!ンァー!

逆に言えば好きな作品だからこそさほどの復習をしなくてもある程度いける、という腹づもりではあったのですが。自分のスタイルの問題ではありますがやっぱり準備は大事、と思った次第。

で。


斎藤一が格好良すぎる問題。

例えば同じ「最初は敵、のちに主人公と共闘」系のピッコロやベジータがギャグキャラになって行くのに対して斎藤はまったくブレません。
(強いて言えば初登場時の微笑三太郎的なキャラからはブレてるけど)

行動理念は「悪・即・斬」という己の信念のみ。
この場合の「悪」は世間一般の善悪ではなく「悪=自分の正義に反するもの」という所がまたポイント。

配信中も語ってますが宇水戦のラストは鳥肌。

志々雄のアジトからの脱出時、そしてラストの剣心との決闘に応じずに姿を消すところも最高にCOOL。

ダークヒーローの理想形だと思います。


ちなみに新城の世を偲ぶビリヤード芸人態、ハスラー新城の誰も知らない唯一の持ちギャグ「ブレイクショーット!!」は斎藤の牙突零式からインスパイアされたものです。マジで。(嘘ですが)


百識の方治がどのように獄死したのかもっと掘り下げたかった件!

汚れ役を全て引き受け骨の髄まで志々雄に心酔しきっていた組織のNo.2が明治という時代のこの国に絶望し喉笛カッ捌いて自害するまでの顛末な!

まあでもその後の日本は本編でも(テキストのみで)語られてる通り富国強兵策が推し進められて結果的に「弱肉強食」の政策の正当性が認められたんだからよかったね方治!地獄でも志々雄様とずっと一緒でよかったね方治!!

余談ながら自ら命を絶つ決意をしたけど志々雄を後世に伝える語り部となる為に生きる意志を固めた鎌足、生き延びて自ら志々雄の正当性を語ろうとしたけど聞き入れられずに自分の能力のみを求められた結果自ら命を絶った方治の両者が対比関係になってるのスゴイなって思いました。


ちなみに実写映画版の方治(演: 滝藤賢一)は完全にブッ飛んだオモシロキャラになっていてとても悲しかったです。安慈も。


安慈といえば二重の極み!

かめはめ波とか舞空術は何となくもう無理って知ってるけど二重の極みはできるはず!だって物理法則なんだから!!

民明書房って出版社の本に書いてあるんだからボクシングもゴルフも中国起源に決まっている!というのに似てますね。

まあ結果二重の極みはできなかったしサンタクロースもいませんでしたが。

この人も泣けるエピソードてんこ盛りなのに実写映画ではキン○マを握り潰されて力が抜けた隙を突かれて敗退というギャグキャラにされていた点で制作者に殺意すら覚えました。


あれ!?実写の不平不満をブチ撒けるコーナーになってる!!


まとめ。

『るろうに剣心』は「信念」の物語。

志々雄真実も物語上のラスボスではないもののその圧倒的戦闘力とカリスマ性と「信念の太さ」で漫画史に残ってもいい最高の悪役だと思うし。

そんな感じ。


以下反省!

・思いっきり京都編って言ってますが「北海道編」の間違いですね。


・るろ剣最終話の号ででNARUTOスタート
君のいる町最終話の号に風夏の1話が載る展開ですよ!とか言わなくて本当に良かった。全然違った。
てかこれこそメインヒロインが○○してしまう週刊少年漫画じゃないか!(アニメ放映中の作品のため一応伏せ字) いい加減にしろ!!


その他和月先生の発言や諸々の情報は下記インタビューを参照させていただきました。

出典: 電ファミニコゲーマー 2016年12月27日号
90年代格闘ゲームがジャンプ作家に与えた衝撃。『るろ剣』再開の和月伸宏が語るその影響 http://news.denfaminicogamer.jp/game-gene/watsuki-interview

和月先生の単行本での元ネタ語りは以前少し話に出た「パクリとオマージュの境界線論」を考える上でも非常に読み応えのあるものだと思いますので、今回の配信で興味を持たれた方は漫喫、友達ん家、銭湯の待合室等で読み耽ってみてください。

ではまた。


今回のハイライト

チ「あ、じゃあ続編もやるってことでいいじゃないですか。なんか映画、実写映画とかなればいいのにねこれ」

新「え、実写、え?」

チ「実写映画とか面白そうじゃない」

新「え?実写…映画?実写映画に、実は…実写映画になっております〜www」(茶番)


告知!


東京ミルクホール 新イベント(仮)
2017年3月15日(水)19時〜/@池ノ上BARガリガリ

2016年末に惜しまれつつ(?)終了した「今夜はイイ感じ☆」に代わる新イベントが発足!
今回からは立ちトークに加えて毎回ゲストをお迎えしてガチでお芝居をやってみるつもりです!
初回のゲストは読売演劇大賞の選考委員長も務める近代演劇界の巨人・青井陽治先生!

詳細はおいおいお伝えしていきます。


東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
ID: @tokyomilk_bs で番組情報、どこより早い次回予告、収録時の裏話、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!


その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@utb.jp



次回は!


アツいガールズバンド生活始めます!

俺たちのBanG Dream!(バンドリ!)をお送りします!!


乞うご期待!!!



今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2


写真はカカフカカVRにおける新城の安慈(役名は「筋肉質」)です。体重を増やそうとしていたのはこの為です。
あと袖が原作と異なるノースリーブになっているのは中の道着が没コントになったストZEROのリュウと共用だからです。

IMG_1399.JPG
posted by チャンマツ at 02:59| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする