2016年08月29日

第76回 俺たちのアイカツスターズ!

劇場版も絶賛上映中!俺たちのアイカツスターズ!です!!
新城をアイカツ沼に引き込んだ張本人・尿管結石王(キング・オブ・ペイン)ワタナベ君をゲストに迎えて好き放題跳梁跋扈大乱闘の62分!
今回はラブライバー山崎君も帰省してて居ないからチャンマツ氏の劣勢ぶりが顕著!さあ新城ワタナベタッグはチャンマツを陥落させる事が出来るのか?乞うご期待!!

(ちなみに尿管結石ラブライバーの山崎君はワタナベ君より一足先に石を排出し、晴れて結石患者を卒業したそうです。よかったね☆)

ご意見ご感想は matsu@utb.jp までお待ちしております。

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新城侑樹の大反省会〜第75回 俺たちの新耳袋

※この記事には第75回配信および書籍のネタバレが含まれております。人間の常識では考えられない現象について喋っていますが、信じるか信じないかはあなた次第です。


ワイフの実家とC90の話題で始まる今回!

収録場所のUTB映像アカデミーさんは短い夏休みに入り、いつも制作で残っている学生さんも誰一人いない状況での収録となった訳ですが。


いやー。

冒頭のタイトルコールが音飛びしてる件、

あれ、


ガチの超常現象です。





……いやいやいや。

信じてもらえないかもしれませんが。

機械の不調と言ってしまえばそれまでなんですが。


75回もやっててあんなん初めてなんだよーホントなんだよー。


いつもアシスタントのハセガワさんは「3, 2, (1)…(ポチッ」のタイミングでレコーダーのスイッチを入れて、その1秒後ぐらいにOPジングルを流してくれています。

今回もいつも通りだったしそれは本人も証言してるし僕も見てたから間違いない。


にもかかわらず。



一瞬ハセガワさんのタイトルコールが聞こえた後、5秒くらいレコーダーの動作が止まったことになるんです。


もしくは、

録れてはいたけれども「何らかの要因で」5秒間のデータが飛んだんです。


キングクリムゾン(※)かな?


※ジョジョ5部に出てくる時間を消し飛ばすスタンド



まあでもそれを言ってしまえば、

上記の録り方(カウントダウン後にレコーダーon)をしているにもかかわらず、「ハセガワさんのカウントの声が入っている」という事がちょっとしたホラーではあるのですが。


…毎回じゃん。

怖いね。



で。


本編は『新耳袋』の話題を軸に不思議な実体験の話をしてますが、

いやー。

怖い話ってあるもんですなー。


チャンマツ氏も取材に行って恐ろしい体験をした山の牧場があるH県のASG市は僕の実家があるTMB市の隣の市です。

地元出身の有名人は黒澤映画やゴジラ第1作でおなじみの志村喬。


これぐらいならタレコミしても消されないよね?ね?


樹海のワラ人形の話もマジで怖かったんですが、何が嫌だったってこの話してる時、

確実に何か良くないものが室内に集まってる気配があったんですよ。

ほんとに。



その時遠くから何者かの気配と物音が!

すわ、パズズ召喚したんか!?



と思ったら、


次回のゲスト様でした。


チャンチャン。



皆さんも『新耳袋 殴り込み!関西編』でチャンマツ氏の恐怖体験をご確認してみてください。



今回のハイライト

大葉の話題からの「オーバー」で時が止まる中、バックに女性の笑い声が……。






ハセガワさんの天使のような笑い声でした。(癒し)




告知!


〜佐野バビ市・浜本ゆたかのトークを中心に七色に輝くオリエンタルな夕べ〜
東京ミルクホールコミックナイトショー 今夜はイイ感じ☆第71夜

【日時】2016年9月21日(水)
19:15より佐野バビ市、浜本ゆたかによる先走りトーク(開場19:00)

【会場】シネマボカン(BARガリガリ)
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1
※井の頭線「池ノ上」駅前スグ

【チケット】1300円(ワンドリンク別)

「シネマでに見とけ!」のコーナーは伊丹十三監督作品第5弾!『大病人』を特集!(前回トークが盛り上がって時間内にお送りできず、キャリーオーバーとなっております)



その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@utb.jp


次回は!



俺たちの青春はここにある!

いつか!アイドルの一番星になる!!


俺たちのアイカツスターズ!をお送りします!


乞うご期待!!




今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2


写真は真夏のビッグサイトでお会いしたイモータン・ジョー様です。

酷暑の中お疲れ様でした。(超いい人だった事を付記しておきます)
image1.JPG
posted by チャンマツ at 02:48| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

第75回 帰ってきた俺たちの新耳袋

お盆も過ぎてしまいましたが依然残暑厳しい今日この頃!という訳で今回はリスナー様のリクエストにお応えして納涼企画。第46回『俺たちの新耳袋』のアンサー回をやってみました。
地元ヤンキーと混ざっての心霊スポットでの肝試しのお供に是非どうぞ。(あ、不法侵入と器物損壊はダメだぞ!おじさんとの約束だ!)
皆さんの周りにも常識では説明がつかない不思議な話があると思いますので体験談等ありましたら matsu@utb.jp までご感想と合わせて是非是非お寄せください。

※追記:いつもと同じ録り方をしたのに頭の音が切れていたり音量が不安定だったりしていますがご了承ください。ガチで原因不明です。話の内容的に何か妙な物が集まってきたのかどうかは誰にも分かりません…。

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新城侑樹の大反省会〜第74回 俺たちのエヴァンゲリオンそしてシン・ゴジラ(ネタバレあり)

※この記事には第74回配信および映画本編のネタバレが含まれております。タイトルで言っているので開き直っておりますが純粋に楽しみたい方はご注意ください。


チャンマツの嘘で塗り固めたロッキンジャパン潜入ルポから始まる今回!

当番組のEDテーマを担当して頂いているQOOLANDさん出演お疲れ様でした!
近々本当にギタボ兼マンソム(漫画ソムリエ)の平井さんにゲストに来て頂こうと思っておりますので宜しくお願い致します。


さて。


今回は私新城の思春期直撃人格形成に影響与えまくりの作品・新世紀エヴァンゲリオンとその繋がりで絶賛公開中のシン・ゴジラです。



前半はエヴァンゲリオン。

新城としては本当に時間がいくらあっても足りないぐらい喋ることがあるのでだいぶ興奮気味でお送りしています。
新城の中2エピソードは個人的には「概要」の一部のつもりだったのであれを1ターンとカウントされてしまうと正直ツライ!というのが正直な気持ちでした。
好きなエピソードまだまだあるし新劇場版はおろか旧劇の話すらほとんどまともに喋ってないぞ…。

まあでも今回はあんまりこっちの話で引っ張ってもね!


後半はシン・ゴジラ。
ゴジラ映画累計動員数1億人を達成するとともに歴代ゴジラシリーズ最高興収を更新しているそうで。

こっちに関しては旬ネタということでもうね、「今取り上げることが大事」というアレですよ。
内容の濃さに関しては他ポッドキャストさんでも散々やられているので真新しいことがありましたかどうか。

我々なりの切り口で茶化すのが流儀、さりとて語りつくせたかどうかというとさにあらずという思いもあり。


なので今さら言ってもしょうがないのは分かりつつも敢えて言わせてもらうとすれば、


これエヴァとゴジラ分けて2週やれば良かったんじゃん!?


というね。まあでも抱き合わせ配信という名称は個人的に好きです。


シン・ゴジラ本編としては1984年版のスーパーXとかっていう謎のオーバーテクノロジーではなく、実際今ある技術と科学で対処しようとする政府の奮闘が非常に好感触かつ熱くなれた部分です。

イイね…シン・ゴジラ、イイね……。


反省点としては石原さとみさんの英会話のCMはECCではなくイーオンでした。すいません。



あと、チャンマツ氏が「俺だけ気付いたポイント」としてエンドロールの音がモノラル音声だったことを力説してますが、皆さん今回の配信において気付かれたことはありませんでしょうか。


イヤホンで視聴頂いている方は気付かれたかもしれませんが、

今回の配信、全編に渡って…


モノラル音声なんです…!!



…お分かりいただけただろうか。

いつもの録音機材が大人の事情によって使えなかったための特別措置なので我々としても狙ってやった訳ではないのですが。結果的にそうなってましたという話なので気付いていた方は自慢してもいいですよ。

誰にかは知らないけど。


最後に、配信ではカットさせて頂いたMN.霊障人間さんの投稿を全文掲載させていただくゾ!
本当に長…とてつもない熱量なので心して読んでほしいんだゾ!*\(^o^)/*


*****

お便り取り上げていただき、本当にありがとうございます!!ラジオに自分の投稿が読まれたのは、実はこれが生まれて初めてです。
次回 放送楽しみです。

(個人情報等中略)

あと、ご迷惑かとも思いましたが、次回放送されるということですので、僕の「シン・ゴジラ」の個人的な感想を送りつけさせていただきます。かなり長いのでザーッと目を通して頂けますと幸いです^^;

僕も最初予告観た時は、半信半疑どころか、「大丈夫か?これ?」なんて思ってましたが…
トンデモない傑作でした!!
普段あまり映画館とか行かない人もこれは映画館で観ておいて損ないでしょう。まず、ゴジラの目が気持ち悪くて話が通じなさそうで良かったです!ここ最近のゴジラは、カッコいいヒーローっぽくなっていましたが、やはりゴジラとは、得体の知れない化け物でなくてはならないと思います。ゴジラの暴れてる時の…神々しさ…そこだけでも劇場で観る価値がありでした!神々しさ感と化け物感のバランスが絶妙で、本来ゴジラは自然災害のような原爆のような森から出てきた熊のような どうにも抵抗できないものです。
怪獣映画の人間パートは大抵退屈しがちですが、登場人物が多く一人一人のセリフを大林宣彦作品ばりの早口にし、難しげな言葉を多用され短いカットで繋がれてたことで飽きずに観れました。味のあるおじさんも出てきます。今年アイアムアヒーローが民間人を中心に描き、徹底的に政府や自衛隊サイドを描かなかったのに対し、今作は、ほとんど民間人一人一人にはスポットライトは当たりません。ただ、この事象に対しどんなに絶望的でも諦めず対処しようとする者だけが描かれていきます。
今作、冒頭に出てきた船の名前がグローリー丸なのも1作目に出てくる船 栄光丸からきたものでしょう。1作目の'54年「七人の侍」と同じ年に公開されたゴジラは、あいつぐ水爆実験によって眠りを醒まされ地上へと出現しました。それは、戦後日本がまだ戦争の傷から立ちなおりきれていない時代、第五福竜丸の被曝、そして当時の水爆実験に対し警鐘を鳴らすべく作られた反核映画だったと言われています。
当時でも言いにくいことを怪獣というものをメタファーとしてなら言える発明でしたが当時のアメリカ版ではそういった要素はカットされてゴジラは幼稚なものと思われていたそうです。それに対し「七人の侍」は、世界的な評価を受けました。どちらも脅威的な外敵からか弱き共同体を防衛する物語です。
やがて不気味で脅威的な存在であったゴジラはいつしかターゲットを子供へと絞りVSものがシリーズ化し子供たちのヒーローとしてのゴジラ作品が作られていくようになります。
今作は、3.11以降の日本でしか描けないものを日本人の手によって創り上げたものでした。
「想定外に備えてどうするか…」
映画は、単に娯楽でもあるが、思考の実験の場でもあるのだ…とあらためて感じさせらました。
この時代に「(評判はともかく)進撃の巨人」と「シン・ゴジラ」そして「アイアムアヒーロー」が作られたことは、'54年「七人の侍」と「ゴジラ」が公開されたことは、どうしても重なってしまいます。
怪獣映画は、一人では作ることはできない。一人一人が想像力をもって一丸となってはじめて素晴らしいものとなります。ゴジラという虚構を大真面目にリアリティをもって存在させることに全てを費やすことが要となるでしょう。この映画は、そこの一点に全員が向かっていました。そんな集合体的エネルギーの強さに理屈では説明できない衝撃受けました。
この映画を観ると語りたくなるはずです。これを観た人がいったい何を感じたのか知りたくなる映画でした。そして何度も見返したくなる要素があります。この映画では描ききれなかった向こう側について考え出すと止まらなくなります。欠点や言いたいことはたくさんある映画かもしれません。けど、それも含めてこれは、トンデモ解釈すら内包してくれる作品。興味深いのは、右よりの人も左よりの人も自分の都合の良いように解釈してどちらも褒めてるように感じました。
この映画では、「何かあった時、アメリカが助けてくれる」と思うことは幻想であると描かれているようにも見えます。
あの歯医者シーン?は、最初は滑稽にも見えましたが、原発事故で原発を冷却してた時の絵にそっくりにも見えました。だからこれは他人事として受け止められませんでした。
そしてあのラストが何を意味するものは!?僕には小学校の頃に図書室でみた原爆に関する写真集で見たあの原爆で焼け焦げてしまった人の姿のようにも見えました。
皆様はどう解釈されましたでしょうか?

以上、長文乱文大変 失礼致しました。
これからも「東京ミルク放送局」「映画痴話狂い」の放送 楽しみにしております!!

ありがとうございました。

*****



今回のハイライト


新「これ、俺、(エヴァのパイロットに)選ばれたっていう」

チ「あ、選ばれるんじゃないかって…」

新「いや俺選ばれてる。中2ですから。中2ですから。もう、バリバリ全開の中二病ですから」

チ「選ばれるんじゃなくて『選ばれた』でしょ?」

新「俺は選ばれてる。(確信」



告知!


〜佐野バビ市・浜本ゆたかのトークを中心に七色に輝くオリエンタルな夕べ〜
東京ミルクホールコミックナイトショー 今夜はイイ感じ☆第70夜

【日時】2016年8月23日(火)
19:15より佐野バビ市、浜本ゆたかによる先走りトーク(開場19:00)

【会場】シネマボカン(BARガリガリ)
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1
※井の頭線「池ノ上」駅前スグ

【チケット】1300円(ワンドリンク別)

「シネマでに見とけ!」のコーナーは伊丹十三監督作品第5弾!『大病人』を特集します!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@utb.jp


次回は!



真夏の怖い話!
帰ってきた俺たちの新耳袋をお送りします!


乞うご期待!!




当番組iTunesへのアクセスはこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 02:58| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

第74回 俺たちのエヴァンゲリオンそしてシン・ゴジラ(ネタバレあり)

絶賛大公開中!庵野秀明監督のシン・ゴジラにかこつけてエヴァンゲリオン回をやろうと思ったらシン・ゴジラ自体がとても面白い映画だったので一挙にドドンと抱き合わせ配信しちゃいます!!デン!デン!デン!デン!ドンドン(例のBGM)!!
我が心のエヴァ&ここがエヴァっぽいよシン・ゴジラ(ネタバレ注意)!チャンマツの雑談&お便りも盛りだくさんでお送りする66分一本勝負!!

ご意見ご感想は matsu@utb.jp まで、ツイッターでも皆さんそれぞれの「俺のエヴァ」ならびに思い出話等々ありましたら #ミルク放送局 #エヴァとYシャツと私 でどしどしお待ちしております!

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新城侑樹の大反省会〜第73回 俺たちの何も言えなくて…夏。人がたっぷり死ぬ映画!featuring 映画痴話狂い しゅんさん!!

※この記事には第73回配信および映画本編のネタバレが含まれておりますが、そういうスタンスでやらせて頂いております。皆様の映画探索の助けとなれば幸いです。(真面目!)


チャンマツの「秘打・何もなし!」からの前回のちょっときた反響のご報告で始まる今回は!


当番組初、他ポッドキャスト様からのゲストをお迎えして配信させて頂いた真夏のスペシャル回!

先月めでたく配信3周年を迎えられた『映画痴話狂い』様よりパーソナリティのお一人、しゅんさんをお迎えしてお送りしました!


思えばチャンマツ氏がタイガースキャストさんにゲストで出張したりはありましたが、新城にとっては自分たちの他にポッドキャストをやっておられる方と交流し、さらには一緒に収録まで行わせて頂く機会はなかったのでこれはもうね、大興奮ですよ。

DAI☆KOU☆FUN!!


なんで2回言ったかは聞かないでください。
それぐらいの感動だったのです。


実は収録前にしゅんさんと当番組アシスタントのハセガワさん、ラブライバー山ア君を交えてお食事しながら色々お話を伺わせて頂いたのですが、いやはや収録のノウハウや取り組み方など、当番組との違いが見えて大変興味深かったですね。



配信や映画の話以外にもアニメやら趣味の話やら諸々の雑談に乗って頂き、大変気さくなお兄さんでございました。
(僕よりけっこう年下でいらっしゃるのですが…)


して収録!


聞いてのとおりのキレッキレ絶好調で厳選の「人がたっぷり死ぬ映画」をご紹介頂きました。

ああ勉強になる。

やはり「感情移入をしなくてよい」という点がポイントになるのだなあ。

そういう視点で見てみるとスプラッターホラーやハードサスペンスも極上のエンタメと化すということがよく分かりました。


そしてチャンマツ氏のでんでん先生。
いつになく素晴らしいテンションである。


新城は「仁義なき戦い」の好きなシーンをプレゼンさせて頂きましたがよく考えたらあんまり人が死ぬシーンが入ってない。

1作目の屋根から飛び降りて逃走を図ったものの警官隊に蜂の巣にされる若杉寛(梅宮辰夫)、2作目のドア越しに前田吟に銃殺される時森勘市(遠藤辰雄)、3作目のタクボンに嵌められて壮絶に血ダルマにされる倉本猛(渡瀬恒彦)、4作目の恩師の前で志賀勝にブチ殺される岡島友次(小池朝雄)などもやりたかったですね。
まあ聴いてる人からしたらどうでもいいか!大友勝利(千葉真一)ができたので満足。


最後に、しゅんさんから「人がたっぷり死ぬ映画=人間賛歌」という話が出たので、『ジョジョの奇妙な冒険』よりツェペリ男爵の台詞を引用させて頂きたいと思います。


「人間賛歌は『勇気』の賛歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!」

しゅんさん本当にありがとうございました!
これに懲りずにまた来て頂けると幸いです!!



今回のハイライト
チ「お〜いい火加減だよぉ〜いいよ満点!燃えろ篝火ぃ!醤油かけろぉ〜醤油かけろぉ〜!吉田さ〜ん!元気でね〜!また会う日までぇ〜!!」



告知!


〜佐野バビ市・浜本ゆたかのトークを中心に七色に輝くオリエンタルな夕べ〜
東京ミルクホールコミックナイトショー 今夜はイイ感じ☆第70夜

【日時】2016年8月23日(火)
19:15より佐野バビ市、浜本ゆたかによる先走りトーク(開場19:00)

【会場】シネマボカン(BARガリガリ)
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1
※井の頭線「池ノ上」駅前スグ

【チケット】1300円(ワンドリンク別)

「シネマでに見とけ!」のコーナーは伊丹十三監督作品第5弾!『大病人』を特集します!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@utb.jp


次回は!



列島震撼!話題騒然!シン・ゴジラを取り上げつつ同じ庵野秀明監督のエヴァンゲリオンの思い出話に浸りたいと思います!!


乞うご期待!!




当番組iTunesへのアクセスはこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2


写真は秋葉原のゲーセンにてテツ山アの格ゲープレイ風景を観戦するしゅんさん。ある意味天覧試合なのですが山ア君、事もあろうに2連敗。勝てよ!!

image1.JPG
posted by チャンマツ at 02:59| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする