2016年07月01日

新城侑樹の大反省会〜第67回 俺たちのマシュー・マコノヒー

※この記事には第67回配信のネタバレが含まれておりますが、それよりも何よりも問題は我々が毎回扱っている作品のネタバレを喋ってしまっている事なのではないかと遅まきながら悟ってまいりました。


嵐の櫻井君になりたい問題から始まる今回!


私は気が付いてしまった。

冒頭のOPジングル前に番組アシスタント兼スタッフであるかおりんことハセガワさんのセクシーボイスでタイムカウントが入ってしまっていることに。

しかも今回だけじゃなくてここ最近結構入っているぞ!おっしゃあああああああああああ!!!



以上、気付いた人だけ得した気分になれるコーナーでした。



さてさて。


今回は初のキャストで絞ったテーマ、俺たちのマシュー・マコノヒーをお送りしました。
名古屋のうめじろうさん、リクエストありがとうございます。

チャンマツ氏の熱いマコノヒー論が冴え渡りました。

配信中にもお話しましたが不肖・新城、ぜんぜんマコノヒー映画には詳しくなかったので今回大変勉強になりました。
恐らくリクエストを頂かなければマコノヘイ先生に関する知識を深める機会もなかったかもしれぬ。

うめチャンありがとうね!!(友達か)



ちなみに念の為に収録後、唯一の鑑賞済みマコノヒームービーであった『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』を見返したところ、最高に面白い映画でございました。
下品でグロくてバカなんだけどテンポいいし。なんかみんなキャラ立ってるし。まあ何も残らないけど。
監督・製作・脚本・主演のベン・スティラーは本当に救いようがない(褒め言葉)と確信させてくれる映画。

俺たちのマコノヘイはシケキャラと思わせておいて最後に一番いいところをかっさらう役割なので、これはマコノヘイ入門編として最適なのではないか。

あとトム・クルーズはハゲヅラとヒゲと鼻メガネ装備で普段とは別人のため初見では気付かない可能性あり。眼光の鋭さだけがアメリカ海軍戦闘機兵器学校(トップガン)のエースパイロットのそれです。必見。


後半はチャンマツ氏が最近見た映画(ヒメアノ〜ル、64)の話など。

原作モノの実写化について少し触れてますが、この辺については別の機会に改めて掘り下げたいと思います。

オチは特にありません。



今回のハイライト

チ「お前宇宙知ってんのかよ!!」



告知!


〜佐野バビ市・浜本ゆたかのトークを中心に七色に輝くオリエンタルな夕べ〜
東京ミルクホールコミックナイトショー 今夜はイイ感じ☆第69夜

【日時】2016年7月12日(火)
19:15より佐野バビ市、浜本ゆたかによる先走りトーク(開場19:00)

【会場】シネマボカン(BARガリガリ)
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1
※井の頭線「池ノ上」駅前スグ

【チケット】1300円(ワンドリンク別)

「シネマでに見とけ!」のコーナーは伊丹十三監督作品第4弾!『ミンボーの女』を特集します!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@utb.jp


次回は!



夏間近!

ということで桑田佳祐の最初で最後の監督作品『稲村ジェーン』を取り上げようと思ったら様々な大人の事情でDVDが存在していない!!

昔見た記憶はあるんだけど当時はVHSだったようです…(VHSはある)。


ということで予定変更!

2016年春アニメ新城的期待度首位だった作品『くまみこ』を特集したいと思います!!


乞うご期待!!




当番組iTunesへのアクセスはこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2


写真はお便りのリクエストにお応えしてご用意させていただきましたサイン色紙でございます。

考えてみたら一番手間と費用がかからない番組オリジナルグッズであることが判明したので、もし他にも「欲しい」という奇特な方がいらっしゃいましたら、番組宛のご感想の文末に「サインくだサイン」とお書き添えの上、送り先住所とお名前を併記してメールください。
ガルパンシールもダー様と西住姉が残っております。宜しくお願いいたします。
image1.JPG
posted by チャンマツ at 19:33| Comment(1) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする