2016年07月25日

第71回 俺たちのマッハ!!!!!!!!

坂口拓のアクション映画を取り上げてしまったのでアクションならコイツを避けては通れない!ということで今回はタイアクション映画の金字塔、「マッハ!!!!!!!!」を取り上げました。
トニー・ジャー先輩の超人的ムエタイアクションは出川哲朗氏言うところの「リアルガチ」ですので、見た事ないという方は是非モノでマストでお願いします。
メールは matsu@utb.jp まで、ご意見ご感想お待ちしております。

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新城侑樹の大反省会〜第70回 俺たちの魁!!男塾(実写映画版)

※この記事には第70回配信のネタバレが含まれておりますが、 男は細かいことを気にしてはいけない!男塾の辞書に「死」という文字はあっても「敗北」の文字はない!!


うどん県の極上リゾートからのウォーズマンで始まる今回!
レジャーのことなら大西に任せろ!!


東京ミルク放送局オリジナルウォーズマンクリアファイルへのご応募お待ちしております。
(宛先は後ほどご紹介するメールアドレスへ)



さて。


ここ最近、映画の話をするたびに挙がっていた「実写化の意義とは!?」論に一石を投じる存在として今回は実写映画版『魁!!男塾』を取り上げました。


ツッコミどころを挙げれば100個やそこらでは済まない、しかし映画としての出来はどうあれ確実に男、いや「漢」が作った映画となっています。

開始1分で虎丸(山田優の弟、琉神マブヤー)が山道を爆走する矢沢心の乗った車に轢かれるシーンを見れば火を見るよりも明らか。


生半可な覚悟で出せるシーンではない!!

(笑うところですよここ)


そして坂口拓最強伝説。

今回のテーマは実は「俺たちの坂口拓」にしようか直前まで迷ったほどの伝説の男、坂口拓が監督・脚本・主演という本作。


面白くない訳がない。


しかし数々のブッコミの拓伝説の真偽の程は定かではありませんので(Wikipediaから削除されている時点でお察し)、くれぐれもネタとして聞いてください。
余計なトラブルに巻き込まれても当方は一切責任を負いません。


それとこの映画の真のヒロインは誰がなんと言おうと確実に照英。異論は一切認めない。

本当に油風呂に入って火を焚かれているのかは分からないが、照英さんは完全に演じ切っている。

生き様。

生き様を見た。


実写化映画に疑問を感じている人にこそ見て頂きたい、そんな1本となっておりますので夏休みのまとめ借りのラインナップに是非加えてみてはいかがでしょうか。

まあ一言でいうと「着ぐるみの熊にカカト落としをする映画」ですので苦情・クレーム・罵詈雑言の類は一切受け付けません。



今回のハイライト

新「魁!!男塾やります!え、大丈夫なの?キャスティング『富樫源次:照英』の時点で優勝!!」

チ「白い狼、ホワイトファング?ヴォルグだ!」
新「ヴォルグ・ザンギエフ(※)ですよ!」
※「はじめの一歩」に登場するロシアのボクサー


告知!


〜佐野バビ市・浜本ゆたかのトークを中心に七色に輝くオリエンタルな夕べ〜
東京ミルクホールコミックナイトショー 今夜はイイ感じ☆第70夜

【日時】2016年8月23日(火)
19:15より佐野バビ市、浜本ゆたかによる先走りトーク(開場19:00)

【会場】シネマボカン(BARガリガリ)
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1
※井の頭線「池ノ上」駅前スグ

【チケット】1300円(ワンドリンク別)

「シネマでに見とけ!」のコーナーは伊丹十三監督作品第5弾!『大病人』を特集します!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@utb.jp
ウォーズマンクリアファイルご希望の方は番組のご感想、またはウォーズマンへの熱い思いをお書き添えの上、上記のメアド「クリアファイルください」係まで。発送用の住所とご氏名をお忘れなく!


次回は!



タイ発・ヤケドするほどの熱いアクションを貴方に!!

俺たちの『マッハ!!!!!!!!』をお送りします!!!


乞うご期待!!




当番組iTunesへのアクセスはこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 02:55| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

第70回 俺たちの魁!!男塾(実写映画版)

昨今の漫画原作の実写映画を論ずるに当たり、避けては通れない作品がありました。
それが坂口拓監督・脚本・主演、実写映画版『魁!!男塾』である!!!!!!!

熱い熱い熱い男の実写化映画トークで配信時間も天元突破しておりますが!実写化の意義とは!実写化に必要な心意気とは!!について丸わかりの一時間。お楽しみ頂ければ幸いです。

ご意見・ご感想は matsu@utb.jp までお待ちしております。

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新城侑樹の大反省会〜第69回 俺たちの冷蔵庫マンさん・ザ・サード -冷蔵庫より愛を込めて-

※この記事には第69回配信のネタバレが含まれておりますが、 2016年夏映画のネタバレはありません。ご安心ください。(収録時点で公開済みの映画のネタバレはあります)


俺たちの冷蔵庫マンさんを長らくお呼びしていなかったので話すべき映画の話がパンパンに溜まってウズウズされているだろうと思いOPトークもそこそこに早速ご紹介からの本題に入った今回!!



…聞いての通り、

2016年夏映画試写会レビューはありません!

これには全国500億万人の冷蔵庫マンさん映画トーク楽しみマンの皆さんもガッカリ必至!

何故だ!
どうしてなんだ冷蔵庫マンさーん!!


と、いうのが今回の概要です。


それにしても冷蔵庫マンさんがここ最近の配信を欠かさず聴いてくださっていたという事実は嬉しいやら恥ずかしいやら。

どうせ聴いてないだろウハハ!とばかりに好き勝手に失礼三昧申し上げてきたのが本当に申し訳なくて…夏。


この番組におけるニートマンさんという扱い(悪口)を受けて「ヒマヒマ〜」という台詞を仕込んできてくれる辺り、容量数百ℓの懐の広さを感じずにはいられない。

本当にありがとうございます。


未公開映画の情報はない代わりに、公開済み映画の感想トークはあります。

不肖・新城もこの収録後、ご紹介いただいた『セトウツミ』及び『ヒメアノ〜ル』を観てまいりました。

劇場はいずれもヒューマントラストシネマ渋谷。


前者は肩の力を抜いて見られるゆる〜い会話劇。主演の二人による関西弁によるハイテンポなトークが本当に心地良く、時間が経つのを忘れる良作でした。

特に関西弁に関しては大阪出身の菅田将暉君は当然として、福岡県出身の池松壮亮君のアクセントが完璧なのでまったく違和感がないです。

4時ですよーだ当時のダウンタウンの再現VTRかと思いました。また池松君が若い頃の松ちゃんに似てるんだ。


で、後者に関してはこれは…
冷蔵庫マンさんも2016年暫定1位、チャンマツ氏も先の配信で絶賛されてましたがとんでもない映画でございました。

多くを語る事は避けますがまーとにかく森田剛くんの芝居が怖い。本当にこの人はV6メンバーだっけ?と思うほどに。
あれ、これ本当に芝居なのか?もし芝居じゃなくてマジでこういう人だったら、そしてこういう人が本当にその辺にいる可能性って…と考えたらマジで身の毛が逆立つ思い。

鑑賞したのが渋谷という立地だったせいもあってか、チャンマツ氏の「劇場出た後どっかから刺されるんじゃないかという恐怖」がとてもよく分かる映画でした。

早くこの余韻を消したい!どうでもいいクソバカ映画でも見て上書きしたい!!という感情は久々に感じるものでした。降参!



後半は2016年夏映画予想と期待トーク。

私と致しましてはとにかく『シン・ゴジラ』がいかに上手く事故るか、という事だけが目下の関心事であります。



という訳で次回のニートマンさんご登場は秋口あたりを予定。

お聴きになりたい映画情報ありましたら、番組メールアドレスまでリクエストお待ちしております!



今回のハイライト

冷「何気に『ペレ』はね」
チ「レーペー!」
冷「予告編見たらね、思ってるより5倍ぐらい面白そうだった」
チ「レーペーちょっと気にはなってるんですよね」
新「レーペー…?」
(間)
冷「レーペーねぇ」
新「乗っからなくていいですよ!」



告知!


〜佐野バビ市・浜本ゆたかのトークを中心に七色に輝くオリエンタルな夕べ〜
東京ミルクホールコミックナイトショー 今夜はイイ感じ☆第70夜

【日時】2016年8月23日(火)
19:15より佐野バビ市、浜本ゆたかによる先走りトーク(開場19:00)

【会場】シネマボカン(BARガリガリ)
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1
※井の頭線「池ノ上」駅前スグ

【チケット】1300円(ワンドリンク別)

「シネマでに見とけ!」のコーナーは伊丹十三監督作品第5弾!『大病人』を特集します!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@utb.jp


次回は!


ヌルい実写化映画はもう飽きた!

これが漢の実写映画化じゃーい!!


という訳で、俺たちの『魁!!男塾(実写映画版)』をお送りします!!!


乞うご期待!!




当番組iTunesへのアクセスはこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2



画像は天然冷蔵庫、富士山頂(気温4℃)から見た夜明け頃の景色です。
遠くに雲海が見えます。
image1.JPG
posted by チャンマツ at 01:55| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

第69回 俺たちの冷蔵庫マンさん・ザ・サード 〜冷蔵庫より愛を込めて〜

全国2億5000万人の冷蔵庫マンさんファンの皆様お待たせ致しました!!

約11回ぶりにご登場頂きました、ニートマ…冷蔵庫マンさんの映画トークです。今回は2016年夏映画ということでいろいろ未公開映画のお話を伺おうと思っていたら、あ、あれ?マジすか!?話が違うじゃねースか!!
ということで愉快なトークを繰り広げる平均年齢42.333歳の隠し砦の三悪人を是非お楽しみください。

ご意見・ご感想は matsu@utb.jp まで、お待ちしております。

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

新城侑樹の大反省会〜第68回 俺たちのくまみこ

※この記事には第68回配信のネタバレが含まれておりますが、『くまみこ』12話(最終話)のネタバレも含まれております。すみません。が、私は逃げも隠れも致しません。


俺たちの阪神タイガースの大ピンチとバッセンの球グローブで捕ってみたらスゲー痛い論から始まる今回!

ちょっとビックリな痛さだったのですが思えば内野守備の送球の球速は何キロぐらい出ているのか。
プロでもせいぜい100キロ出てるかどうかなのではないか。
逆に考えたら100キロ程度の球でも内野の送球としてはプロレベルの速さ。
そら痛いわ。

野球強豪校の高校生とかはこんな球を毎日受けてんのかと思ったらこれはもう俺野球やんなくてよかったな!と。

今度はキャッチャーミットで行きます。


さて。


今回は新城の春アニメ一押し作品であった『くまみこ』を取り上げましたが。

1話の時点で「あ、これは覇権」と予感し、オタク芸人サンキュータツオ先生のポッドキャスト『熱量と文字数』の春アニメランキングでもぶっちぎり第1位だったことから予感が確信に変わった作品であります。

「のんのんびより」のスローライフ感と「干物妹!うまるちゃん」のかわいらしさを兼ね備えた作品として不肖・新城もチャンマツ氏に全力リコメンドしておりました。

が!


そんなくまみこ、最終話直前まで概ね世間的にも好評価だったにも関わらず、最終話で盛大に評価を落としてしまいました。

春クールの作品で田舎の生活の光を描いたのが『ふらいんぐうぃっち』、田舎の生活の闇を描いたのが『くまみこ』ということになってしまった感。

何があったのか?


その辺の経緯とその世間的評価、および考察については本編ならびにこの辺りの記事をご参照ください。
http://anibu.jp/06jul2016-kumamikoend-32848.html



毎回主人公の雨宿まちちゃんが困るのがギャグになっていたり見どころだったりした訳ですが、最終回での困り方が正気を失ってしまうレベルだったのがちょっと行き過ぎで笑えなかった、ということなのですけども。

やっぱり精神病関係というか、それを想起させる終わり方は生理的に無理!という方が大多数。うん、わかりますよ。

ただ、それを狙って作られたのではなくあくまで「色んな要素が重なった結果、偶然生まれてしまった奇跡的自然発生鬱エンド」である事は考慮すべき。


あと脚本家蒸発話からのユアタイム市川紗椰トークはなかなかのキレだったのではないか。
痛アニメトークを封印して臨む市川紗椰さんを私は応援しています。


反省点は不肖・新城が同じ話でループしちゃってる感(実際には別の事を説明してるんだけど同じ繰り返しに聞こえる)なのがちょっと。

鬱最終回論からの現代メンタルクリニック事情に流れるのはチャンマツ氏の手腕。

現代社会の闇!

を、最終回で鮮烈に描き出したくまみこ。

ある意味で歴史に名を残す作品となってしまったくまみこ。

僕は好きでした。
続編、個人的には期待しております。


だから早く戻ってきてピエール杉浦先生!!



今回のハイライト

@チ「(仙台の人に)石、どれぐらいの頻度で投げんすか?」

A新「それは私がアスペだと。そのように仰るのかな?(ニッコリ)」



告知!


〜佐野バビ市・浜本ゆたかのトークを中心に七色に輝くオリエンタルな夕べ〜
東京ミルクホールコミックナイトショー 今夜はイイ感じ☆第69夜

【日時】2016年7月12日(火)
19:15より佐野バビ市、浜本ゆたかによる先走りトーク(開場19:00)

【会場】シネマボカン(BARガリガリ)
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1
※井の頭線「池ノ上」駅前スグ

【チケット】1300円(ワンドリンク別)

「シネマでに見とけ!」のコーナーは伊丹十三監督作品第4弾!『ミンボーの女』を特集します!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@utb.jp


次回は!


久々に冷蔵庫マンさんにお越し頂き、夏映画の見どころを存分にお話しいただく予定です!

夏も話題作目白押しだし、いやー楽しみだなあ!


乞うご期待!!




当番組iTunesへのアクセスはこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2


写真はくまみこ原作3巻から。
((C)2014 吉元ますめ・KADOKAWA刊)

最終話1つ前、このシーンの映像化に関しては成功していたんじゃないかと思います。おじさんわりとじわっときてしまいました。
image1.JPG
posted by チャンマツ at 08:47| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする