2016年02月22日

第49回「俺たちの彼女が水着にきがえたら」

今回はホイチョイプロダクションズの「彼女が水着にきがえたら」をお送りします。今、世界でホイチョイをプッシュしているのは自分たちだけという自負のもとお送りしております(笑)ほんとにおもしろいので是非見てください。
ご意見ご感想は matsu@utb.jp まで。お待ちしております。
posted by チャンマツ at 06:00| Comment(1) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新城侑樹の大反省会〜第48回 俺たちのロッキーシリーズ〜

※この記事には第48回配信のネタバレが含まれていますが「やるかやらないか」で「やる」方を選択した結果です。


冒頭、オフレコの部分から軽快な前説(何を喋ったか全く覚えていない)によって始まった今回!

48回目にして初の公録でございました!!
当日ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

それにしたってこの新城、緊張しすぎである。
名乗りの前の無音でトン、と缶を置くだけの部分、これは紛れもなく「何も思いつかなかった」という間でございます!死に間が発生しとるじゃないか!
この瞬間、本当に頭が真っ白になりあわや放送事故寸前の惨事。

事故といえばせっかく「ヨヨヨイ」を皆さんでご唱和願ったのにチャンマツおじさんがまさかの合図を食ってフライングするという事態!

普段はこんな事ないんですよー。

という具合にパーソナリティー両名がガチガチな中始まってまいりましたが、

どうでしたでしょう?

とにかく先走りましたね。
せっかく沢山のお客様をお迎えしているのにひとイジリもなく本題に突入する早漏感。
入れ込みきったままゲートインするこの感じ。

原始的な方法(スーパーハイテクノロジーミキシングシステム)でのジングルやエンディングについても突っ込みたい方いらっしゃったと思うのですが何の説明もなく。


これが東京ミルク放送局ですよ奥さん!


そんなあらびきなポッドキャストでお送りしておりますが、さて。

今回のテーマは「ロッキー」シリーズでございます。


何故今回このテーマだったのか、TMH(東京ミルクホール)とロッキーと私との関わりについては配信中でお話しした通りですが、シリーズが進むごとにどんどん雑になっていく作りがロッキーの真骨頂です。

トークでは脚本にしか触れてませんが2〜5とファイナルは監督もスタローンであるという点がポイント。

と考えると同じくスタローン監督・脚本のファイナルで16年の時を経てちゃんと持ち直したのが凄い。


そして最新作、昨年末に公開されたスピンオフムービー『クリード 〜チャンプを継ぐ男〜』。

配信中の我々の興奮ぶりからもお分かり頂けると思いますが、シリーズ最大のライバルと目されながら3と4での活躍によってネタキャラみたいな扱いを受けていたアポロを英雄の位置に引き上げた名作であります。

そして、ロッキー4やランボー2, 3などでゴールデンラズベリー賞殿堂入りを果たし、それはもう抱かれたい俳優ランキングでの木村拓哉やアナウンサー好感度ランキングにおける安住紳一郎アナのように、もう永世チャンプとして同賞に選出されることすら無くなったスタローンがこの映画によってアカデミー賞助演男優賞にノミネートされるという奇跡。

この事でどれだけこの映画が深い作品か、映画界に与える影響がいかばかりかを計り知ることができると思います。

ソフト化されたら是非見てみてください。(4/27 Wed.ブルーレイ&DVD発売/レンタル同時開始だそうですよ奥さん!!)


いやーそれにつけても、愛と勇気と血と汗と、努力と根性と男の一生と、ドブネズミが見上げる星空とビル・コンティのテーマ曲のなんと素晴らしく美しいことよ。



今回のハイライト

「今回48回で、最後になるかもしれないんだ!!!」

※ドラえもん第6巻で「ぼくがきみを自分の力でやっつけないと、ドラえもんが安心して未来に帰れないんだ!!」と絶叫するのび太に匹敵するくらいの魂の叫び。感動。



告知!


〜佐野バビ市・浜本ゆたかのトークを中心に七色に輝くオリエンタルな夕べ〜

【日時】2016年3月16日(水)
19:15より佐野バビ市、浜本ゆたかによる先走りトーク(開場19:00)

【会場】シネマボカン(BARガリガリ)
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1
※井の頭線「池ノ上」駅前スグ

【チケット】1300円(ワンドリンク別)

「シネマでに見とけ!」のコーナーは伊丹十三監督作品第2弾!『マルサの女』『マルサの女2』を特集します!


その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!



次回は!

ホイチョイプロダクションズ三部作の二作目、映画『彼女が水着にきがえたら』を特集します!

乞うご期待!


当番組iTunesへのアクセスはこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2

ヨ・ロ・シ・ク!!
posted by チャンマツ at 01:43| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする