2016年02月28日

第50回「俺たちの弱虫ペダル」

今回は満を持して「弱虫ペダル」をお送りします。新しい解釈で切り込んでいますので是非聞いてください。
御堂筋君最高です。※以前半日ほどアップしてありその時聞いた人は全く同じものです。あしからず
matsu@utb.jp
posted by チャンマツ at 06:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新城侑樹の大反省会〜第49回 俺たちの彼女が水着にきがえたら〜

※この記事には第49回配信のネタバレが含まれている可能性があります。室井さぁん!


ノリが長すぎるノリツッコミから始まる今回!

公開収録の反省は前回書いた通りです。
次はもっとちゃんとアレしたいものです。あればですが。


今回は!

弾けるバブルの香り!

ホイチョイ・プロダクションズプレゼンツ!映画『彼女が水着にきがえたら』をテーマにお送りします!!


この80年代バブルムービーがいかに素晴らしい映画かは配信中にお話しした通りです。が!

今回新城の仕上がりがとても粗い。

「新城くんはこの映画どうなの?」って聞かれたらとりあえず面白いか面白くないかをなぜ言わないんだ俺!なんなんだ!

あと久々に自分の笑い声が気になってしまう。何が楽しいんだ。楽しいですけど。

初期によくあった素人のカラ回り感が出てて前半はよくないですね。

ただ後半なんかエンジンかかってきてるけど。

具体的にはプロダクトプレイスメントと二人のサザン愛あたり。

サザンオールスターズのプロモーションムービーとしてもよく出来すぎている。

「思い過ごしも恋のうち」は本当に公開時すでに10年前の曲だったのか?
「ミス・ブランニュー・デイ」は本当に32年も前の曲なのか!?
(桑田さん2/26で還暦おめでとうございます。)

もうなんかね、色々信じられないよ。


信じられないと言えば竹内力兄やんの今からは想像もつかないような爽やかさもとラストシーンの「決まった」感。

必見。


という訳で今後もちょいちょいホイチョイ取り上げていくのでよろしければ是非見てみてください。

『波の数だけ〜』もとても良かった。早く話したくてしょうがないったらねぇよ!!!

(でも次にやるのは「わたスキ」です、きっと)



今回のハイライト

チ「(織田裕二)ビンビンに原石感ハンパないわ…」




告知!


〜佐野バビ市・浜本ゆたかのトークを中心に七色に輝くオリエンタルな夕べ〜

【日時】2016年3月16日(水)
19:15より佐野バビ市、浜本ゆたかによる先走りトーク(開場19:00)

【会場】シネマボカン(BARガリガリ)
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1
※井の頭線「池ノ上」駅前スグ

【チケット】1300円(ワンドリンク別)

「シネマでに見とけ!」のコーナーは伊丹十三監督作品第2弾!『マルサの女』『マルサの女2』を特集します!


その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@utb.jp


次回は!

大人気自転車青春スペクタクル漫画『弱虫ペダル』を特集します!

乞うご期待!!



当番組iTunesへのアクセスはこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 03:56| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

第49回「俺たちの彼女が水着にきがえたら」

今回はホイチョイプロダクションズの「彼女が水着にきがえたら」をお送りします。今、世界でホイチョイをプッシュしているのは自分たちだけという自負のもとお送りしております(笑)ほんとにおもしろいので是非見てください。
ご意見ご感想は matsu@utb.jp まで。お待ちしております。
posted by チャンマツ at 06:00| Comment(1) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新城侑樹の大反省会〜第48回 俺たちのロッキーシリーズ〜

※この記事には第48回配信のネタバレが含まれていますが「やるかやらないか」で「やる」方を選択した結果です。


冒頭、オフレコの部分から軽快な前説(何を喋ったか全く覚えていない)によって始まった今回!

48回目にして初の公録でございました!!
当日ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

それにしたってこの新城、緊張しすぎである。
名乗りの前の無音でトン、と缶を置くだけの部分、これは紛れもなく「何も思いつかなかった」という間でございます!死に間が発生しとるじゃないか!
この瞬間、本当に頭が真っ白になりあわや放送事故寸前の惨事。

事故といえばせっかく「ヨヨヨイ」を皆さんでご唱和願ったのにチャンマツおじさんがまさかの合図を食ってフライングするという事態!

普段はこんな事ないんですよー。

という具合にパーソナリティー両名がガチガチな中始まってまいりましたが、

どうでしたでしょう?

とにかく先走りましたね。
せっかく沢山のお客様をお迎えしているのにひとイジリもなく本題に突入する早漏感。
入れ込みきったままゲートインするこの感じ。

原始的な方法(スーパーハイテクノロジーミキシングシステム)でのジングルやエンディングについても突っ込みたい方いらっしゃったと思うのですが何の説明もなく。


これが東京ミルク放送局ですよ奥さん!


そんなあらびきなポッドキャストでお送りしておりますが、さて。

今回のテーマは「ロッキー」シリーズでございます。


何故今回このテーマだったのか、TMH(東京ミルクホール)とロッキーと私との関わりについては配信中でお話しした通りですが、シリーズが進むごとにどんどん雑になっていく作りがロッキーの真骨頂です。

トークでは脚本にしか触れてませんが2〜5とファイナルは監督もスタローンであるという点がポイント。

と考えると同じくスタローン監督・脚本のファイナルで16年の時を経てちゃんと持ち直したのが凄い。


そして最新作、昨年末に公開されたスピンオフムービー『クリード 〜チャンプを継ぐ男〜』。

配信中の我々の興奮ぶりからもお分かり頂けると思いますが、シリーズ最大のライバルと目されながら3と4での活躍によってネタキャラみたいな扱いを受けていたアポロを英雄の位置に引き上げた名作であります。

そして、ロッキー4やランボー2, 3などでゴールデンラズベリー賞殿堂入りを果たし、それはもう抱かれたい俳優ランキングでの木村拓哉やアナウンサー好感度ランキングにおける安住紳一郎アナのように、もう永世チャンプとして同賞に選出されることすら無くなったスタローンがこの映画によってアカデミー賞助演男優賞にノミネートされるという奇跡。

この事でどれだけこの映画が深い作品か、映画界に与える影響がいかばかりかを計り知ることができると思います。

ソフト化されたら是非見てみてください。(4/27 Wed.ブルーレイ&DVD発売/レンタル同時開始だそうですよ奥さん!!)


いやーそれにつけても、愛と勇気と血と汗と、努力と根性と男の一生と、ドブネズミが見上げる星空とビル・コンティのテーマ曲のなんと素晴らしく美しいことよ。



今回のハイライト

「今回48回で、最後になるかもしれないんだ!!!」

※ドラえもん第6巻で「ぼくがきみを自分の力でやっつけないと、ドラえもんが安心して未来に帰れないんだ!!」と絶叫するのび太に匹敵するくらいの魂の叫び。感動。



告知!


〜佐野バビ市・浜本ゆたかのトークを中心に七色に輝くオリエンタルな夕べ〜

【日時】2016年3月16日(水)
19:15より佐野バビ市、浜本ゆたかによる先走りトーク(開場19:00)

【会場】シネマボカン(BARガリガリ)
東京都世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1
※井の頭線「池ノ上」駅前スグ

【チケット】1300円(ワンドリンク別)

「シネマでに見とけ!」のコーナーは伊丹十三監督作品第2弾!『マルサの女』『マルサの女2』を特集します!


その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!



次回は!

ホイチョイプロダクションズ三部作の二作目、映画『彼女が水着にきがえたら』を特集します!

乞うご期待!


当番組iTunesへのアクセスはこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2

ヨ・ロ・シ・ク!!
posted by チャンマツ at 01:43| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

第48回「俺たちのロッキーシリーズ クリードも」

本日行われた公開収録の模様をお送りします。ご来場の皆様まことにありがとうございます。皆さんの前でロッキーの話が出来たことは光栄です。今後ともよろしくお願いします。収録中チャンマツは前のイベントから出ずっぱりなため疲労困憊でぶっ壊れてます。新城君は極度の緊張で途中から鼻の頭を延々と掻いてぶっ壊れました。感想やご質問はmatsu@utb.jpまでお気軽にご連絡ください。
posted by チャンマツ at 20:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

新城侑樹の大反省会〜第47回 俺たちのシュタインズゲート〜

※この記事には第47回配信のネタバレが含まれているかもしれないがすべては運命石の扉の選択だ。


エル・プサイ・こんにちは。新城です。

新城の客演舞台の思い出からのガッカリラブライバー展開で始まる今回!

ネタとして完成されすぎていてすごい。冒頭だけでも聞いてみてください奥さん。


そして本編はチャンマツさんイチオシ作品のシュタインズ・ゲート(Steins;Gate)について。

何気にゲームの特集って第7回 俺たちのファミコン以来なんじゃないか?あ、艦これがあったか。
OP口上で「主に映画、漫画、ゲーム、アニメなどについて〜」と言っておきながらアニメより取り上げ頻度が低いというね。
まあでもこの作品もゲームに忠実なアニメになってるので僕はアニメ作品として話してる訳ですけど。

「プレイした記憶を消してやり直したい」と言われるほどの驚きと感動が詰まったゲームなんですってよ。

どんな凄いゲームなんだ。

例えばポートピア連続殺人事件を記憶を消してやり直そうにも「犯人はヤス」という明快にして意外な結末はそうそう忘れられそうにないけどやっぱり真っさらな気持ちでやると新たな感動に出会えるのだろうか。


いや、

否、否。

俺はもうポートピアもサラダの国のトマト姫もやりたくないんだ。


なんだよバトルがあっち向いてホイって…

運の要素やめてくれよ…
俺はもっとこうサクサク進みたいんだよ…

無駄に柿ッパチを殴り続けるDVに明け暮れていたあの頃の事はもう思い出したくないんだよ…

もうすごいトラウマ。



…脱線しました。


決して体ごと過去に行くのではなく記憶だけを過去の時間軸の自分に飛ばすというカジュアルタイムスリップで何度も「強くてニューゲーム」を繰り返す主人公にタイムスリップ物のニュースタンダードを見ると共に「まどか☆マギカ」の暁美ほむらちゃんの姿が重なりますね。
終盤ではタイムマシンで体ごと行ってるけど。

多少のタイムパラドックスがあっても最終的には同じ未来に収束する(=未来は簡単に変えられない)という解釈が素敵。この作品の肝かもしれない。


そしてシュタゲ0の話題になってから目に見えて僕のテンションとチャンマツさんのテンションに差が生じているのが見もの。

普段アニメゲーム系は新城の方が熱量高く引っ張っていく展開が多いのですが今回は真逆。
全国のチャンマツおじさんファンの皆さんお待たせしました。
ていうか俺テンション低すぎだろちゃんとやれよ!(今回の反省ポイント終わり)

そんなこんなで是非プレイしてみてください。時間のない方はアニメの方で見てみてください。

それにしても…
我が家にある唯一の現役最新機種だと思っていたPSPがもはや過去の遺物になっていたなんて…(絶望)


写真は建て替え前の秋葉原ラジオ会館に突っ込んでいるジョン・タイターのタイムマシンを偶然捉えたものです(2011年10月撮影)。

image1.JPG


今回のハイライト

「当たり屋みたいなことしますね!!(クワッ)」



告知!


今週だよ!!
演劇系オールラウンド演劇イベントサークル、東京ミルクホールのイベントがあります!
チケットがまだまだ売るほどあるよ!やばいよ!お願いだから来て!もう公録はいいから夜の名人会だけでも来て!絶対楽しいから!!

『東京ミルクホール万博 2016』

【日程】
2月13日(土)、14日(日)

【出演】
佐野バビ市
浜本ゆたか
J.K.Goodman
コースケ☆原澄人
小野寺崇
哀原友則(正月太郎)
新城侑樹
チャンマツ2016
片岡哲也(劇団黒テント・こころは三河)
冷蔵庫マン(13日のみ)
謎の刺客、ほかゲスト

【会場】
UTB映像アカデミー内 万博特設会場
東京都千代田区神田駿河台2-1-9 ESPビル 5F
※エレベーターで5Fにお進みください。

【アクセス】

【タイムテーブル】
■2月13日(土)
19:00 開場
19:30〜19:40「開会式」
19:40〜22:00「放送禁止ミルクホール名人会〜第一夜〜」

■2月14日(日)
12:30 開場
13:00〜13:10「開会式」
13:10〜15:40「佐野バビ市演出・アジア演出家展(韓国)公演 解説&上映会」
15:40〜16:00 休憩
16:00〜17:00「東京ミルク放送局 公開収録」
17:00〜17:20 休憩
17:20〜17:50「バンド『こころは三河』デビューライブ」
17:50〜18:30 休憩
18:30〜21:00「放送禁止ミルクホール名人会〜第二夜〜」


【チケット料金】
■13日 
放送禁止ミルクホール名人会・第一夜/ ¥2000
■14日 
アジア演出家展・解説&上映会/¥500
東京ミルク放送局公開収録/¥500
「こころは三河」ライブ/¥500
放送禁止ミルクホール名人会・第二夜/¥2000
■特別チケット
【おススメ】二日間通し券<夢の共通券>/¥4500
一日券<14日共通券>/¥3000

【ご予約】
イベント特設メールアドレス
tmhbpk2016@gmail.com もしくは各種SNSにて。
◎お名前◎希望日時◎チケット種類◎枚数をご明記ください。
チケット代金は当日受付にて精算させていただきます。

【特記】
※メール送信後3日経過しても返信がない場合、サーバーの不具合が考えられます。お手数ですが08066653690までご連絡ください。

※各回50名限定です。定員に達し次第販売を終了します。

※『佐野バビ市演出・韓国公演 解説&上映会』はハロルド・ピンターの戯曲『レヴュースケッチ』『恋人』を佐野が韓国人キャストで演出上演したものです。全編韓国語による上演です。佐野による解説は入りますが、戯曲を予習してからご来場いただくとさらに楽しく御覧いただけます。

※『東京ミルク放送局』とは新城侑樹、チャンマツ2016によるPodcast番組です。

※『こころは三河』とは片岡哲也(劇団黒テント)、J.K.Goodman、チャンマツ2016、佐野バビ市により2015年6月に結成された音楽素人バンドです。

※途中入場、途中退出、再入場、飲食物の持ち込み、全て自由です。



TMHの月例トークイベント、「今夜はイイ感じ☆」は上記イベント開催のため2月はお休み、次回は3月16日(水)の予定です。


その他番組へのご意見ご要望ご感想、その他お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!


次回は!


公開処刑!!

じゃない!

公・開・収・録!!!


という訳で新城が洋画生涯ベストランキングで第2位につけている映画『ロッキー』およびそのシリーズをテーマにお話ししていきたいと思います!

昨年末公開の最新スピンオフ『クリード 〜チャンプを継ぐ者〜』まで含めた7作品ですよ!

乞うご期待!!


当番組iTunesへのアクセスはこちら。

ヨ・ロ・シ・ク!!

posted by チャンマツ at 15:50| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする