2017年07月17日

第123回 俺たちの冷蔵庫マンさん in 2017夏A

アツアツヒエヒエの後半です。映画褒めンテーターの冷蔵庫マンさんがただ褒めるだけじゃないところもお楽しみ頂ける回となっております。ちなみに膵臓のホルモンネーム(?)は「シビレ」だそうです。

という訳でご意見、ご感想は matsu@tf-tms.jp まで、ワンクリックでお気軽にお待ちしております。

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第123回 俺たちの冷蔵庫マンさん in 2017夏@

お待たせしました!毎度おなじみ冷蔵庫マンさんによる季節に一度の新作映画紹介回です!
もう何回目のご登場か分からないから今回からシンプルなタイトルにしちゃうゾ!どうぞ!

ご意見、ご感想は matsu@tf-tms.jp までお気軽にお寄せください。

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新城侑樹の大反省会〜第122回 帰ってきた俺たちの電影少女

ハクソー・リッジと富士山頂配信イベントの話題で始まる今回!

富士山頂配信イベントは企画立て直しました。
詳細は後ほど下の方で!


さて今回は!


3回前の第119回でやった電影少女回の続きです!ドンドンパフパフ!!


…我々は民意より自分たちのやりたいことを優先する集団なのです。すまんな。
(実際目に見えていつもよりアクセス数少なかったけど気にしてませんよ。)


そもそもこの作品を意識し始めたのは、確かBSアニメ夜話の東京大学物語の回に出ていた鈴木蘭々が喋っていたから。魅力を。別の漫画の特集なのに。


その事が引っかかっていたから一度目の大学受験に失敗して傷心の新城がこの作品に引き寄せられるように辿り着いたのは偶然ではなく必然。

そう、本作1話で主人公のヨータ君が「なぐさめてあげる♡」のビデオを手に取ったのと同じく必然!


という訳でこの作品に引き合わせてくれた運命に感謝しております。

そんなこんなでチャンマツ氏の感想と新城の思い入れをぶつけ合うガチンコバトルです。

ドラえもんの例えは分かり易かったですね。

前回話しきれなかった事もだいたい語り尽くしました。ありがとうございました。


そんな新城は夏美ちゃんの名前は出てこないのに三杉くんの名前は食い気味に出てくるキャプテン翼2(FC版)で育ったおじさんです。ハイパーオーバーヘッド!


あと7巻のもえみちゃんレイプ未遂展開。
近年週刊少年ジャンプであった似たような話だと、2012年の『パジャマな彼女』でヒロインの一人が「おっしゃーパコろうぜー」の一言でワンボックスカーに拉致監禁、という展開で大多数の読者が引いてしまってその後の早期終了(打ち切り)の遠因となった事例がありました。
(助けに入った主人公がガチで刺殺されかけるというバイオレンス描写も仇になった可能性アリですが)

今だとできないだろうなあ…。

でも同じ少年誌でもマガジンだったら特に問題ない気もする。不思議だ。


そして一億総号泣のラストシーン。
あいちゃんが人間になるラストは最初から決まっていたのではないか?と新城が言っていますが、ちゃんと読み返すと桂先生自身の言葉でその説が否定されていました。

「『AI編』のラストについて、ボクは初めからかなり最近まで『LEN編』へのつながりも考えて、あいを消そうと思ってました。アンハッピーなラストです。しかしボク自身、客観的にあいとヨータを見た時、『ちょっとふたりには、あまりにもかわいそうな想いばかりさせてきたな…』ってのがあり、何といってもみなさんの『あいちゃんを消さないで』という声の多さもあって、あいを人間にすることに決めたのです。」
(13巻あとがきより抜粋)


大英断。

泣ける。
ここだけで既に。

原作を1巻から13巻までちゃんと読んだからこそなのかもしれないが。

これは是非読んでください。


14, 15巻のLEN編でその後の登場人物もちろっと出てきますが、イベントプランナーになった伸子ちゃんがやり手のキャリアウーマンみたいなオバさんになってたのはガッカリしたなあ…。

LEN編のビデオガール恋ちゃんはヒロム君とトシキ君の恋の悩みをたったの2巻で鮮やかに解決し、みんなに見送られながら光の粒に還ったのであいちゃんより遥かに有能です。
あいちゃんをドラえもんとしたら恋ちゃんはドラミちゃん。

そーいう事です。


酒井法子さんと桂正和先生の対談記事が読めるのはジャンプコミックス版の12巻だけ!


以上。ピョンチコリ〜ン。




今回のハイライト


チャ「エロでしかないからもう…すぐコンニチワしてたけど」

新「すぐコンニチワ!(笑)」



告知!


東京ミルク放送局の富士山頂公開録音イベント!


は!


近場(東京近郊)に変更になりました!!
以下概要!!!


エンタメ界のキャプテン・オブ・ザ・シップ 東京ミルク放送局 富士山頂公開配信改め高尾山頂公開配信イベント〜船頭多くして船、山に登る〜

日時: 8/6(日)10:00〜
集合場所: 京王線高尾山口駅 改札前
参加費: おひとり様1000円

【ご注意】
・集合場所から全員で山頂まで向かい、山頂の適当なスペースで公開収録を行うイベントです。
・ケーブルカー運賃、道中の飲み物、食事代等は実費となります。
・その他必要なものは各自ご持参ください。ゴミ袋とか。
・終了(下山完了)時刻は16:30〜17:00頃を予定しております。


ほーら富士山の時と比べたら相当ハードルが下がっ(注意事項が減っ)たぞ!!
(参考: http://tokyomilkhall.seesaa.net/article/451471323.html )

参加ご希望の方は7/31(月)23:59までに東京ミルク放送局のメールアドレスまたは公式TwitterのDMにて、
・お名前(ハンドルネーム、ペンネーム可)
・ご参加人数
をお送りください。

夏は山!という方のご参加、お待ちしております!!


続いて東京ミルクホール9月公演!
『カスカビアン・グラフィティ〜春日部★青春協奏曲〜』
9月13日(水)〜18日(月)@Space早稲田

詳細はこちら↓
http://d.hatena.ne.jp/tokyomilkhall/20170523

1995年を舞台にした青春☆暴走★グラフィティ!
演じてるのは大方おじさんだけどな!!
乞うご期待!!!

チケットは7月6日(木)に発売しました!!
予約フォームはこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/tmh0913
※お手数ですが備考欄に「ミルク放送局扱い」と御記入ください。

現時点で金曜夜、土曜昼、日曜昼の各公演が既に半分近く埋まりつつあるようです。
確実にご覧になりたい方、今すぐご予約を!!

公演情報のDMやチラシが欲しい!という方は番組メールアドレスまでお名前とご住所をお送りください!


東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
https://mobile.twitter.com/tokyomilk_bs
ID: @tokyomilk_bs

どこより早い次回予告、収録時の裏話、皆様からお寄せ頂いた番組のご感想、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!

さらに東京ミルク放送局公式LINE@はじめました!
友だち追加

ここでしか見れない情報と中の人などいないスーパーアルゴリズム画像返信botとの愉快な会話が楽しめる公式LINEです!

今のところ「チャンマツ世界征服への道」を週一配信してますが今後ファンの皆様宛のプレミアムな情報をお届けするかも!よろしくです!!



その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@tf-tms.jp



次回は!


夏が来れば思い出す!
遥かな尾瀬!白くて四角いシルエット!

俺たちの冷蔵庫マンさん2017年・夏をお送りします!!



乞うご期待!!!



今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 01:29| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

第122回 帰ってきた俺たちの電影少女A

パンツのシワが脳味噌のシワと重なりあう時、理性はオーバーヒートする後半です。
前回は時間切れで語り尽くせなかった夏美ちゃん、もえみちゃん、あいちゃんの各ヒロインとLEN編についても少し触れています。今の俺たちにできる全てを注ぎ込んだと言っても過言ではない気合いの入りよう。どうぞ。※例によってキモいです。悪しからずご了承ください。

という訳でご意見、ご感想は matsu@tf-tms.jp まで、ワンクリックでお気軽にお待ちしております。

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第122回 帰ってきた俺たちの電影少女@

元カリフォルニア州知事似のアイツはこう言った。「戻ってくるぜ(I'll be back.)」夢じゃない、夢じゃないんだ。本当に戻ってきたんだ。原作を完読したチャンマツを伴って。捲土重来!「俺たちの電影少女」 is back!!!
ご意見、ご感想は matsu@tf-tms.jp までお気軽にお寄せください。

posted by チャンマツ at 03:00| Comment(0) | 配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新城侑樹の大反省会〜第121回 俺たちのグーニーズ

焼肉屋の静かなカップルと22年目の告白の感想からのLINE@新城はノータッチ話で始まる今回!

ハセガワさんのスキャンダルが露見してしまう神OPです。お納めください。


さて今回は!


新城が生まれて初めて最後まで見た映画、1985年の『グーニーズ』です。

僕ら世代だとファミコン版のイメージが強いかもしれないですが映画を見たら全然違う話でした。

『スパルタンX』とかもそうだしな。
当時のゲームって適当!


余談ですがファミコンソフト『キングコング2 怒りのメガトンパンチ』は発売当時に公開された映画『キングコング2』のゲーム版なので、ゲームとしての「キングコング1」は存在しません。

小学生の頃キングコング2が面白いので1を探していた友達に、別の友達が「俺1持ってるで」と言い張り、「じゃあやらせて」って言ったら「今貸してるから家にない」などとずっと言い逃れをしていた事案を思い出しました。

…アイツやっぱりホラ吹きだったんだな。



(お、俺じゃねえよぉ!!)


さてさて。


思えば「この映画最後まで見たい」というモチベーションも友達に貸してもらったこのFC版ゲームが元だった気がします。

果たして子供が見ても楽しめる作品だった訳ですが、それから30年近く経った今見てみても十分に楽しい映画でした。


僕の所属劇団の元団員で尊敬する先輩であるワハハ本舗のコースケ☆ハラスメント(現・コースケ☆原澄人)パイセンがつねづね仰っていた言葉に、

「マネしたくなる映画は名作」

というのがあります。


例えば『ゴッドファーザー』のマイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)。

マネしたくなる!


『アンタッチャブル』のアル・カポネ(ロバート・デニーロ)。

マネしたくなる!


『仁義なき戦い』の広能昌三(菅原文太)。

マネしたくなる!


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の過去から現在に戻るための時計台と落雷とデロリアンとドクとマーティの一連の流れ。

マネしたくなる!


『ロッキー』。

全編マネしたくなる!!


この映画もまた、チャンクとスロースのやりとりを始め実にマネしたくなるいいシーンが満載です。


結果「見てないけど見た気になれるシリーズ」第2弾となりましたが細かい部分はもちろん伝えきれていないので、お暇がありましたら是非レンタルや動画配信サービスなどで見てみてください。


パヤオがグーニーズパクってる疑惑はもはや確信。
いろいろ発見してみてください。


今週の反省。
スロースを指しての表現で言い間違えてました。

×巨神兵
○ロボット兵

すみませ……本当に申し訳ない。



ここで唐突にミルク放送局力(ちから)養成クイーズ!

Q.グーニーズのメンバーの中で一番のシケキャラは誰か分かるかな?


…………


A.マウスだね。

間違いない。

セリフ量に対しての圧倒的な印象の薄さ。
フゥ〜ッ↑↑シケてるーッ。


全キャラ含めてのシケキャランキング(新城調べ)ベスト3は下記の通り。

1.マウス
2.フラッテリー弟
3.トロイ

・おいしくない
・影が薄い
・ダイジェスト版で1フレも映らなくても成立する

の三拍子揃ってますが決してワースト3ではないです。
この人たちのいないグーニーズなんて昆布の入ってない水炊きみたいなもんだぞ。

そういうふんわりした定義でもっていつかリスナーの皆様と選ぶ色んな作品からのシケキャランキングしたいので、皆様イチオシのシケキャラを心に秘めておいてください。


脱線しましたがグーニーズ、ギャグはいささか古いものの普遍的な面白さに満ちた作品ですので是非見てみてください(2回目)。


いやー、映画って本当にいいもんですねー。


以上。ピョンチコリ〜ン。




今回のハイライト


新「チャンマツさんなんかモチャモチャしてますけど、どうしたんすか?」

チャ「…赤福食ってる」

新「なんで赤福…なんでこのタイミングで赤福を?伊勢名物の赤福!赤福たしかにおいしいですけど!関係あります?チャンクなんすか!?」(一同沈黙)




告知!


東京ミルク放送局の富士山頂公開録音イベント!


が!


あまりに参加希望者いなさすぎてどこか近場(東京近郊)に変更になるかもしれません!!

開催日は7/30(日)1日だけの日帰りになるような感じですので続報お待ちください!!



続いて東京ミルクホール9月公演!
『カスカビアン・グラフィティ〜春日部★青春協奏曲〜』
9月13日(水)〜18日(月)@Space早稲田

詳細はこちら↓
http://d.hatena.ne.jp/tokyomilkhall/20170523

チケットは7月6日(木)に発売しました!!
予約フォームはこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/tmh0913
※お手数ですが備考欄に「ミルク放送局扱い」と御記入ください。

公演情報のDMやチラシが欲しい!という方は番組メールアドレスまでお名前とご住所をお送りください!
1995年を舞台にした青春☆暴走★グラフィティ!
演じてるのは大方おじさんだけどな!!

乞うご期待!!!


東京ミルク放送局のTwitterアカウントはこちら。
https://mobile.twitter.com/tokyomilk_bs
ID: @tokyomilk_bs

どこより早い次回予告、収録時の裏話、皆様からお寄せ頂いた番組のご感想、チャンマツ新城の映画の感想、その他日常などなど垂れ流しておりますので是非フォローしてみてください!

さらに東京ミルク放送局公式LINE@はじめました!
https://line.me/R/ti/p/%40yri1664x
ここでしか見れない情報と中の人などいないスーパーアルゴリズム画像返信botとの愉快な会話が楽しめる公式LINEです!

今のところ「チャンマツ世界征服への道」を週一配信してますが今後ファンの皆様宛のプレミアムな情報をお届けするかも!よろしくです!!

ボタンも貼っつけてみます↓
友だち追加


その他番組へのご意見ご要望ご感想、お便りなどなどございましたら下記メールアドレスまでお便りください!
matsu@tf-tms.jp



次回は!


あんなもんで納得いく訳なかろうが!
山守さァん!タマはまだ残っとるがよゥ!!

帰ってきた俺たちの『電影少女』をお送りします!!



乞うご期待!!!



今回配信分のご視聴はこちら。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/dong-jingmiruku-fang-song-ju/id978284546?mt=2
posted by チャンマツ at 00:50| Comment(0) | 反省会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする